【新日本】エル・デスペラードが『SUPER Jr.』公式戦でSHOから3勝目をゲット!「勝ったほうがつえーんだよ」<11.25新潟大会>

 新日本プロレスは24日、新潟・朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』 を開催した。

この日は、BEST OF THE SUPER Jr. 27公式戦5試合を含む全6試合が行われ、メインにてエル・デスペラードとSHOが対戦し、デスペラードがピンチェ・ロコで勝利して3勝目を上げた。

この結果、両者共に3勝2敗(勝点6)となった。

試合後のマイクにてデスペラードは「オイオイオイオイ、帰んな、帰んな。勝ったチャンピオンさまが、まあ、タッグだけどな、褒めてやろうって言ってんのによ。そんなさっさと帰っちゃう、そんなバカな話あるか。オマエは、弱くないよ。弱くないんだ。『強さ比べようぜ』って言ったこの試合、最後の最後まで攻めてたのはオマエだ。だけどな……、いいか?そんなアマチュアみたいな強さがなんたらかんたらって言ったってな、勝ったほうがつえーんだよ。俺が勝ったからチャンピオンなんだ。わかるか、オイ?最後の最後!最後の一手!決めきれないオマエが、強さのどうたらこうたら言うんじゃねえよ。アア?オレはこの『SUPER Jr.』、優勝するぜ?オマエは!その痛む足引きずって、こっから連戦連敗、予選落ちだ!残念でした!」とSHOへ言い放った。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月25日(水) 18:30開始
会場:新潟・朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)
観衆:887人

第6試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
×SHO (3勝2敗=6点)
vs
〇エル・デスペラード(3勝2敗=6点)
18分40秒 ピンチェ・ロコ→片エビ固め

 

▼バックステージコメント

デスペラード「(※2本のベルトを前に置いてフロアに座り込み、左ヒジを気にしながら)バカの一つ覚えもここまでくると、イージーとは……あたたた、言えねえな。痛え……。あいつってさ、不器用じゃん。わかんじゃん、それ。みんな見てりゃあよ。だから、これ一つって絞ったもんになると、こんなにしんどいのかもしんないね。俺みたいに広ーく浅ーくやる人間からすると到底考えられない心理ではあるんだが……。ああビックリした。SHO、お前は弱くない。弱くないんだ。残念ながら俺の方が強かった。それだけなんだ。(※立ち上がりながら)『SUPER Jr.』優勝する人間が、弱いわけねえじゃん。なあ? ノブさん(金丸)がいなくったって、(IWGPジュニア)タッグのベルト持ってきてる。このタッグチャンピオンのプライドっつうのはよ、イコールそのまんま、プロレスラーとしての俺の享受だぜ」

SHO「(※左足を引きずりながら引き揚げてきて、右ヒザをフロアに着き、左ヒザを押さえながら)エル・デスペラード……あなた、どこ出身か知らねえけど、実は、あなた、新日本に来た時から、俺はあなたからいろいろ、学ばせてもらってるんだよ。そのいろいろってのはね、そう、この強さもそうだ。お前から、いろいろ、学んでんだよ。このタイミングだ。このタイミング。俺とYOHさんが持ってたジュニアタッグのベルト。防衛戦もすることなく手放して、今、あいつらが持ってる。気分いいわけねえだろ。だからこそ、今日は何がなんでも、そのお前から学んだ強さで勝ちたかったんだけどな。チキショー……。でも、すっげえ楽しかったぜ。また、必ず、お前を倒すから。そして……(込めた痛がろうとするが、左ヒザに痛みが走る。2、3度、左ヒザを叩いて)もういいや。もういいよ、ヒザの1歩や2本。『SUPER Jr.』の優勝のためなら、くれてやる……」

 

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事