【覆面座談会】『お題』プロレスファンのショッピング事情

司会:さて皆さん、冬のボーナスの時期が近づいてきました。今年はコロナ禍ということもあり、リモートサイン会やチケットを通信販売で購入する人がとても増えたと思いますが、今回は「プロレスファンのショッピング事情」と題しまして、日頃どんな物を買っているのかお話しください。

<情報誌について>

A:それを言うならまずは情報誌だね。週刊プロレスにKAMINOGE!この辺りは外さずに毎号コンプリートで買っているよ。

B:週刊プロレスといえば先日、選手名鑑号が発売されました。毎年、選手名鑑が発売される号はいつもよりも発行部数も多いそうです。今年は通常の週プロと選手名鑑が分かれて発売されましたね。

C:紙の週プロもいいけど、最近だとサブスクリプションサービスが、増えてきていて、毎月一定の金額を払うと雑誌が読み放題になるので便利だよね。俺はスマホで月額380円で読み放題の楽天マガジンに加入しているので、週プロもNumberのプロレス回もスマホで読んでいるね。

A:いやー画面で読むのもいいけどさ。やっぱり週プロは紙で読まないとね。コレクターとしては毎回買って本棚に並べて、気に入った表紙の号は部屋に飾れるっていう所も大事な要素だからね。

B:そういって週刊ゴングもコンプリートしていましたよね(笑)

C:それは凄い!うちはそこまでスペースに余裕がないから逆にかさばらないで月額でスマホで読める手軽さが嬉しいけどね。ただたまにNumberとかでも冒頭の大事な部分がグレーに隠されて※いたりすると切ない気分になることはあるけど。

※ネット規制により雑誌本編では読めるのにネットでは読めないコンテンツがあることがある。例えば「ジャニーズが電子版だとグレーに塗られていて微妙」という評判が見受けられる。

B:週プロmobileも試合の速報とか選手のオリジナルコラムとか参考になります。情報の速さで言ったらプロレス界のNHKみたいな存在ですね。

A:東スポはプロレス記事の充実度もさることながら、芸能ニュースも仕入れられるしゴシップ情報なんか、仕事先へのネタ元として優秀だよ。

B:プロレスで東スポといえば内藤哲也が記者をファミレスに呼び出すシリーズが好きですね。ああいうオリジナルな読み物が読めるのもプロレス誌を選ぶ重要ポイントですよね。

A:東スポの記者が内藤哲也に振り回されたあげくに最後には伝票だけ残されちゃうやつね(笑)

C:東スポと言えば年末恒例のプロレス大賞も掲載されるよね。大賞の結果が載っている号は買いたくなるなぁ。

 

<プロレス動画について>

司会:最近だとプロレスは情報誌だけでなく動画でもさまざまな媒体で見られるようになっています。

A:もっぱらサムライTV派だけど、みんなはどう?

B:業界最大手の新日本プロレスワールドは外せないですね。周辺のプロレス好きに聞いてもやっぱり「ワールドは抑えている」っていう人が多いです。

C:確かに。全世界で10万人以上が入っているサブスクリプション動画サービスだし、試合の質も高いからね。でも個人的にはノアも見られるようになったWRESTLE UNIVERSEも捨てがたい。ノアにDDTに東京女子、ガンプロまで見られて月額900円は鼻血がでるレベルで嬉しいよ。

A:まぁそうはいってもプロレスの画面は大きなテレビで見たいからね。サムライTVでバトルメン見てればマット界の現状も把握できるし…

B:最近だとABEMAも勢いを増しています。ノアの中継も増えていますし、スマホやPCで見られてコメントが付けられて無料。DDTの試合や路上プロレス特番とかこれだけ熱い内容が定期的に配信されるのは嬉しい限りですね。

C:他にもスターダムワールド全日本プロレスTVDRAGONGATE NETWORKとか見る動画が多すぎて、正直時間がいくらあっても足りないよ…

 

<プロレスグッズについて>

司会:グッズも色々とあるとは思いますがどんな物を買っていますか?

A:プロレスグッズで大きな買物と言えばチャンピオンベルトだよね。最近もノアのGHCベルトと全日本プロレスの三冠ヘビー級ベルトを購入して、新日・全日・ノアの至宝ベルトをそろえたよ!

B:それは凄い。ベルトが部屋に飾ってあると「本物だなこの人」って思います。

C:うちにはベルトを飾るスペースがないからベルト関係のグッズといえば、子供が作ってくれた段ボールのレプリカベルトと、IWGPのキーホルダーだね。家の鍵に付けているよ。

A:他にも選手のフィギュアなんかもたまらないよね。タイガーマスクにアントニオ猪木、ロードウォリアーズやベイダー、ストロングマシン、ホーガンなど、往年の名選手の人形がそろうとテンション上がるよね。

B:最近はフィギュア集めすぎていて取引先の人がプレゼントしてくれるようになっていますね。

司会:定番のプロレスグッズといえば、Tシャツになると思いますが、どれ位持っていますか?

B:うーん……15着ですね。

C:5着持っているけど、みんないっぱい持っているんだね……

A:うちには50着ある……多すぎて毎晩風呂上りに違うプロレスTシャツを着て……

B:涙ぐましい。プロレスファンの鑑(かがみ)ですね!

C:タオルも定番だよね。会場で選手の入場時や退場時にも広げて応援しやすいし、最近のタオルは今治(いまばり)製だったり、厚手のいい生地の物も増えていたりで重宝してるよ。スーパー銭湯に行く時もレインメーカーのタオルで入って「カネの雨が降るぞ」って身体拭きながら思わずオカダのポーズをマネしちゃったりなんかして。

B:確かにタオルはいいですね。普段使いもできるし応援にも使えて、ミルクボーイじゃないけど「こんなんなんぼあってもいいですからね!」って言いたくなるグッズです。

A:Tシャツやタオルなんかはプロレス会場でよく売ってるし、選手や団体の人に勧められるともう断れないよね。買っちゃうよね。

C:それで50着……?

B:会場で買うならポートレートもいいですね。選手の写真が大きく印刷されていて、試合後の会場なんかでその選手にサインをしてもらえますし。記念撮影なんかもできちゃうと最高の思い出になります。ポートレートもなんぼあってもいいです(笑)

C:個人的にはキャップとか、パーカーとかシーンに合わせて普段使いできるプロレスグッズも好きだね。今日は「制御不能な気分だな」って思ったら、ロスインゴのパーカー着て思わず誰も見てないところで内藤哲也ポーズ!

A:他にもプロレスグッズと言ったらDVDなんかもあるわけだけど…

B:いいですね、DVD。特に選手の直筆サイン入りのDVDセットとか買いますよね。

C:それってプロレスTODAY SHOPに売ってるやつじゃん。

A:確かに。豊田真奈美さんの直筆サイン入りポスターとかオリジナルバンダナセット付のDVDとか一通り買っていたよね。

B:限定モノに弱くて…引退とか「ここでしか手に入らない」とか聞くと堪らなくなっちゃうんですよ。

司会:そういえば皆さんは買物するときは現金で購入する派ですか?それともクレジットカードでしょうか?最近だとSuicaなど、交通系のICカードも普及してきて色々な方法がありますが……

B:うーん現金での支払いが多いですが……

C:サブスクの支払いはキャリア決済が多いかな。携帯代とセットだから便利だし。

A:ネットでの買物も多いし、クレジットカードをよく使っているね。

C:そういえば最近、ニュースで見たんだけど新日本プロレスがエムアイカードとコラボしたクレジットカードを出していたよね?

B:あっ、オカダ・カズチカがでているやつですか?

A:何それ?オカダ・カズチカ、遂に「カネの雨」だけじゃなく「カードの雨」も降らしたの?

C:いやいや、雨になるほどカードをバラまいてはいないと思うんだけど、カード会社とコラボしてライオンマークの金色と黒のカードを出しているんだよ。

B:そうそう。僕、実は持っているんですよ。コレです。(と言いながら財布からカードを取り出して見せる)

A:うわっ無茶苦茶カッコいいじゃん。いつものライオンマークがアレンジされている!

C:確か、澁谷忠臣さんというNIKEのポスターやTシャツのデザインも担当しているアーティストがカードのデザインをしたって記事に載っていたよ。

A:道理で格好いいライオンマークになっているわけだ。この強そうなライオンマークが中央にバシッと入っていて、しかも「KING OF SPORTS」って入ってるじゃん。これはたまらん。

B:しかも、入会した時にこんなタオルもプレゼントでもらえまして……(と言いながらカバンから巨大なタオルを取り出す)

 

A:デカッ!何その丸くてでかいタオル。バスタオル?

C:いや敷物にもなる位の大きさだよね。しかもこれも強そうなライオンマーク!

©︎NJPW

B:いやぁ、買物する時にどうせプロレスグッズ買うなら、このカードで買ったらテンション上がりそうだなって思いまして申し込んだのです。このタオルは嬉しかったですね。何しろ限定ですから……

A:でたー!限定に弱い男!!

C:タオルはタオルでも円形のタオルは珍しいね。

A:会場で使ってたら目立つんじゃないかな!

B:確かに自慢できそうですね。今度会場にもっていこうかな(笑)

C:ちなみにオカダの動画もみたけどカッコいいね。

A:カッコいいし、最後はお茶目だし憎いねオカダ。 なんかかなり気になってきた、ちょっとチェックしてみようかな…… 

C:欲しいものは必ず手に入れるAさん的にはライオンマークのクレジットカードもゲットするの?

A:それはヒ・ミ・ツ!

B:いや申し込む気満々ですよね(笑)

 ※エムアイカード×新日本プロレスの申し込みはコチラから可能

C:洗脳されやすいタイプ(笑)

A:まぁ、単純にカードのデザインもカッコイイし、ファン心理としてもつながってる感があっていいね!

B:そうそう、まさにそういう感じです。

C:これからもプロレスと企業のコラボには要注目だね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事