【新日本】<IWGPタッグ>アイアンフィンガーを取り戻したタイチが暴走反則負け!

新日本プロレスは2月10日(水)、広島・広島サンプラザホールでビッグマッチ『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』を開催した。

第5試合はIWGPタッグ王者G.o.Dタマ・トンガ&タンガ・ロアにタイチ&ザック・セイバーJr.が挑戦した。

前哨戦からアイアンフィンガーを巡り、さんざんタイチを欺いてきたG.o.Dが王座戦でも複数の偽物を用意して挑発。

試合も両陣営が荒れ狂う試合となり、怒り狂うタイチは邪道からついにアイアンフィンガーを奪い返すとタマにアイアンフィンガーフロムヘルを炸裂、反則負けとなった。

各選手の試合後バックステージコメントも全文掲載。

『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』
日時:2021年2月10日(水) 16:30開場 18:00開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,135人

▼第5試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合
<第88代チャンピオンチーム><チャレンジャーチーム>
タンガ・ロア 〇
タマ・トンガ
vs
ザック・セイバーJr.
タイチ ×
(29分08秒  反則)
※チャンピオンチームが初防衛に成功

■次ページ(試合後バックステージコメント)

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2