【DDT】準烈がタッグリーグ初戦でクリス&本多に不覚!秋山「負けたけど立て直せば何とかなると思いたい」

 DDTプロレスが9日、無観客で東京・後楽園ホール大会を開催し、動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で生中継された。同大会では、同団体として16年ぶりとなるタッグリーグ戦「Ultimate Tag League 2021」(5チーム参加)が開幕。セミファイナルでは、優勝候補の一角である秋山準、大石真翔組(準烈代表)が、正式なタッグチームではないクリス・ブルックス、アントーニオ本多組(欧州代表)に不覚を喫す波乱の幕開けとなった。

 序盤、準烈コンビが優位に進めると、本多は早くも創作昔話「ごんぎづね」を披露しようとするも秋山が蹴りを入れて阻止。秋山が本多の急所にヒザをたたき込むなど、準烈の優勢は続いた。

窮地の本多は再度「ごんぎづね」をトライ。今度は秋山も大目に見たが、不意を突いて本多がサミングを狙うも秋山はカット。本多はなんとか大石を攻め立てるも、秋山のサミングを食って流れが変わった。

大石がミラクルエクスタシーでフォールを取りにいくもカウントは2。ならばとフジヤマニーロック狙いも、本多がレフェリーの死角を突いた隙にサミング。そのまま丸め込んで大石から3カウントを奪取した。

 バックステージで秋山は「まだ生きてたのか。アレくらいでダメだろうと思ったけど。リーグ戦は負けても立て直せば何とかなると思いたいけど、出場チームが少ないから。絶対勝たないといけない。あとを取らないと。あと3つがきつい」とシブい表情も、残り全勝を誓った。「すみません」を連発した大石は「(残り)絶対負けないんで」と自身に言い聞かせていた。

 かたや殊勲の星を挙げた本多は「偶然じゃない。運命なんだよ」と満面の笑み。クリスは「混乱して、よくわかってないけど、彼についていくだけ」と話した。

【大会名】Ultimate Tag League 2021 in KORAKUEN HALL!!
【日時】2021年5月9日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】0人

オープニングマッチ 30分一本勝負
○岡谷英樹 vs 小嶋斗偉●
5分31秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

第二試合 4WAYタッグマッチ~イントゥ・ザ・リングルール 30分一本勝負
高木三四郎&納谷幸男 vs 男色ディーノ&○スーパー・ササダンゴ・マシン vs 大鷲透&平田一喜 vs 彰人&中村圭吾●
11分14秒 イントゥ・ザ・リング

第三試合 30分一本勝負
○遠藤哲哉&高尾蒼馬&マッド・ポーリー vs 樋口和貞&赤井沙希&飯野雄貴●
8分54秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

第四試合 30分一本勝負
○坂口征夫 vs 岡田佑介●
5分8秒 KO
※右ハイキック

第五試合 吉村直巳復帰戦 30分一本勝負
HARASHIMA&●吉村直巳 vs 上野勇希○&MAO
15分21秒 片エビ固め
※BME

セミファイナル 公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1敗0点>秋山準&●大石真翔 vs クリス・ブルックス&アントーニオ本多○<1戦1勝2点>
13分9秒 エビ固め

メインイベント 公式リーグ戦 30分一本勝負
<1戦1分1点>△竹下幸之介&勝俣瞬馬 vs 佐々木大輔&火野裕士△<1戦1分1点>
時間切れ引き分け

<写真提供:DDTプロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事