【新日本】「KOPW 2021」保持者・矢野がロアを丸め込み3勝目をGET!<G1 CLIMAX31>

新日本プロレスは9月26日(日)、兵庫・神戸ワールド記念ホールで『G1 CLIMAX 31』第5戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦(3日目)を含む、全6試合が行われた。

第4試合の公式戦では「KOPW 2021」保持者・矢野通(2勝1敗)とタンガ・ロア(1勝1敗)が対戦。

序盤からラフな展開となったこの一戦。

矢野はロアのパワーに苦戦するも随所で反撃を開始。

試合途中で邪道の介入もありながら、スキを見てローブローを炸裂。

ローブローを食らったロアは悶絶状態、そこをすかさず矢野が丸め込み、3カウントを奪取。

矢野が公式戦3勝目をGETした。

※試合後バックステージコメントを全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月26日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:2,250人

▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
矢野 通 〇(3勝1敗=6点)
vs
タンガ・ロア ×(1勝2敗=2点)
10分46秒  横入り式エビ固め

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2