【新日本】オカダ・カズチカがオスプレイとの超絶戦を制しIWGP世界ヘビーの真の王者に!次期挑戦者に内藤哲也が登場!1.5 WK16 in 東京ドーム

新日本プロレスは5日、『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』2連戦の2日目を開催した。

メインイベントでIWGP世界ヘビー級選手権が行われ、前日に鷹木信悟を破りIWGP世界ヘビー級の新王者となったオカダ・カズチカが、第2代王者となり世界ヘビーのベルトを持ったまま8ヶ月間日本を離れながら、自身のIWGP世界ヘビー級を持つ続け「オレがリアルチャンピオンだ」と主張するウィル・オスプレイとの一戦が行われた。

試合は人間離れした運動神経のウィル・オスプレイとオカダ・カズチカによる、互いの技の読み合いと互いのフィニッシュホールドを出し合う掟破りの応酬から最後はオカダ・カズチカがレインメーカーで執念のオスプレイからスリーカウントを奪った。

『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』
日時:2022年1月5日(水) 17:00試合開始
会場:東京ドーム
観衆:6,379人

▼第8試合 60分1本勝負 IWGP世界ヘビー級選手権試合 

【王者】〇オカダ・カズチカ vs ウィル・オスプレイ✖【挑戦者】

※32分52秒  レインメーカー→エビ固め
※オカダが初防衛に成功

試合後には内藤哲也が現れ挑戦表明。オカダも「50周年にふさわしい相手」とこれを受諾した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事