【新日本】鷹木がタマと痛恨ドロー「もう2位でも何でもいいよ、勝つしかねぇんだよ」

新日本プロレスは7月30日(日)、愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)にて『G1 CLIMAX33』第10戦を開催した。

『G1 CLIMAX 33』
日時:2023年7月30日(日) 15:00開場 16:00開始
会場:愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
観衆:3,545人

セミファイナルでは『G1 CLIMAX33』Cブロック公式戦が行われ、タマ・トンガ(3勝1敗)と鷹木信悟(2勝2敗)が対戦した。

同じ年生まれの初シングルの両者は白熱の攻防を展開するも互いに決めきれず20分フルタイムドローとなった。

<試合結果>

▼第7試合 20分1本勝負
『G1 CLIMAX 33』Cブロック公式戦
タマ・トンガ △(3勝1敗1分=7点)
vs
鷹木 信悟 △(2勝2敗1分=5点)
20分00秒  時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

タマ「シンゴ、お前をリスペクトしている。お前がプロレスでやってきたこと、新日本プロレスに来るためにやってきたすべてのことをリスペクトしている。お前のことは何年も見てきた。すごい才能の持ち主だ。能力を試す相手を挙げるとすれば、それは間違いなくお前だ。
シンゴ、楽しかったよ。お前と闘うのが好きだ。どっちの方が耐えられるだろうな?シンゴ、お前も俺を求めているだろう?またやろう。いつでも、どこでも、お前が条件を決めれば、俺は闘えるぞ」

鷹木「まだだよ。まだまだ!(※胸を叩いて)まだまだピンピンしてんだよ、俺は。分かる、どういう意味か?まさかここに来て、“20分の壁”にぶち当たるとはなぁ。木谷オーナーだか、バリー大張だか知らねぇけど、よくつまらんルール考えてくれたなコノヤロー。あと5分、いや!あと3分あれば、タマなんか仕留められるはずだったのに。チキショー!(※ヒザを叩く)
いや、あと5分あったら逆に取られてた可能性もあるな。タマちゃんよぉ、『トマ・タンガだかタマ・トンガだか知らねぇ』って言ったけど、今日でしっかり覚えたぜ。タマ・トンガ!ものすげえ同い年、同級生のレスラーいるじゃねぇか、初シングルで。えぇ!?俺のイメージじゃだいたいこれぐらい(※手で高さを示す)かなと思ってたけど、それより遙か上を行ってたよ。スピード、パワー、閃き、インサイドワーク、超一流だ。
だが、『鷹木信悟チャンネル』でも俺は、今日から残り3戦、全勝しかないと言っていたが早速、勝つことができなかった。かと言って、諦めるわけにもいかねぇだろう。オイ、残り2戦、フィンレーとEVIL、もう(ブロック)2位でも何でもいいよ。勝つしかねぇんだよ。勝ち点取るしかねぇんだよ。
まぁフィンレーはこの1年で、新日本の中で一番化けたレスラーだと思ってる。去年の『G1』での対戦なんか、全く参考にならないと思ってる。(※立ち上がる)ただ、鷹木信悟も甘くねぇからな、フィンレー! 自信満々みてぇだけどよぉ、オイ、お前みたいに調子に乗ったレスラーをぶっ潰すのが、俺の主義だよ。
長谷部さんよぉ、長谷部さんよぉ、最終的に日本人のレスラー、こういう時は何に頼ればいい?長谷部さん、分かるかい? 何だと思う?」

長谷部記者「……自分の力?」

鷹木「まぁ簡単なことだ。俺は浜口道場出身だ。日本人は最終的に気合いと根性!そして大和魂に頼るしかねぇんだよ!見とけ、最後まで!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

X(旧Twitter) で
◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加