【WAVE】大畠12.29後楽園で引退!WAVE年内興行で一旦休止、来年4月より桜花新社長のもと再出発!!(8.2記者会見)

本日8.2都内某所でプロレスリングWAVEの記者会見が行われた。

会見内容は、大畠美咲の12.29後楽園ホール大会での引退、大阪女子プロレス所属のフェアリー日本橋の退団、そしてプロレスリングWAVE年内で一旦活動休止、来年4月から桜花新社長就任という発表があった。

<大畠美咲、12.29後楽園大会で引退>

まず大畠美咲について二上社長から報告があり、大畠からは10周年という節目で昨年、二上社長に引退の意思を伝えておりレスラー生活は29歳までと決めていた。

大畠といえばDDTプロレスリングの大石真翔と結婚を発表していたが、それが引退の理由ではなく、「身体にガタがきていて、12年間休みなくやってきて回復も遅くなってきたのも感じるし、今の大畠美咲のクオリティーを保っていくには今年一杯で限界かなと思った。」と語った。

タッグパートナーの水波綾には前から引退について色々と相談をしており、「引退が決まったんだったら良かったね。」と言ってくれたとの事。

プロレス生活の振返りについて「思い通りいかなかったけど楽しかった!ありきたりだけど青春でした。」とコメント

また、8月19日の後楽園ホール大会にて引退ロードのスタートして水波綾とのシングルマッチを行う事を発表した。

また本日8.2新木場大会にて大畠本人よりファンに向けて引退報告を行う模様。

<フェアリー日本橋、退団>

次に二上社長同席の元、フェアリー日本橋より今月8月いっぱいでの退団報告があった。

本人曰く「大阪の森が危機的状況であり今後は大阪を守る為、関西中心でフリー活動を行う。」とコメント、二上社長からは「円満退社なので今後もWAVE大阪大会にはオファーする予定」との事。

<WAVE年内興行で一旦休止、来年4月より桜花新社長のもと新体制で再出発>

そして二上社長、桜花由美の二人の会見に移り二上社長から12.29後楽園大会で一旦活動休止、来年4月より桜花新社長体制でプロレスリングWAVEを取り仕切る事にしたと発表があった。

社長職を退任するに辺り二上社長から「あの不祥事を起こした責任、あの事件で決意した。」とコメント。

また二上社長は来年4月より会長職に就任予定。

今回の休止は、お店でいうところのリニューアルする為の休業期間というイメージとの事。

新たな代表取締役社長に就任予定の桜花からは「悩んで不安もあったが覚悟を決めて社長を引き受けます。GAMIさんの色を消して自分色のプロレスリングWAVEを作る!」と意気込みを語った。

マスクドTODAY

プロレスをこよなく愛する記者兼カメラマン!
今日もプロレスを楽しみましょう~(^^)/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事