【ノア】杉浦貴が中嶋勝彦の猛攻を耐え抜きGHCヘビー級王座6度目の防衛に成功!<10.4後楽園>

4日、東京・後楽園ホールにてプロレスリング・ノアの『GLOBAL Jr. LEAGUE 2018 最終戦』が行われた。

メインに登場したのは、現在、GHCヘビー級のベルトを5回防衛中と王者、杉浦貴と挑戦者は新世代軍の中嶋勝彦。

試合は中嶋のキック、場外でのイス攻撃、さらには凶器攻撃にて観客もそのファイトにヒートアップ姿が見られる展開。

しかし、杉浦がその攻撃に耐え、強烈なエルボーで反撃すると、中嶋のキックを捕まえてからのアンクルホールドで勝利した。

『GLOBAL Jr. LEAGUE 2018 最終戦』
日時:10月4日(木) 開場:17:45 試合開始:18:30
会場:後楽園ホール
観衆:1,314人

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負
(第31代選手権者)○杉浦 貴
vs
(挑戦者)中嶋勝彦●
29分37秒 アンクルホールド
第31代選手権者が6度目の防衛に成功

(連続写真でご覧下さい。)

⇒次ページから試合開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2