【プロレスTODAY増刊号】7.30 G1中間振り返りSP!全日JrタッグやノアN-1、ZERO-1火祭りを柴田編集長が語る!「老舗3団体エースのMVP争いが気になります」

【プロレスTODAY増刊号】2019.7.30
今週も各プロレス団体の動きを柴田編集長が解説!

今日のネクタイはブルースブラザーズの「ON A MISSION FROM GOD」な柴田編集長

柴田編集長「(上着は)無理です!外ではネクタイも外してます。冷房のついている所ではしめます。」

 

①新日本プロレス

HEIWA Presents G1 CLIMAX 29 途中経過

Aブロック オカダ無傷の5連勝 KENTAが4勝1敗。SANADA、ファレ、ザックセイバーJrが脱落

柴田編集長「オカダ君強いです。ここまで来たら武藤敬司、佐々木健介以来の3人目のIWGP王者のG1制覇に期待!頑張ってるのはKENTA君ですね。KENTAスタイルで新たなうねりを巻き起こしてます。After Gにも楽しみがあります。」

 


Bブロック モクスリーが無敗5連勝 ジュースと石井が3勝。それ以外は2勝で横並び。内藤もモクスリーに敗退

柴田編集長「モクスリーがこんなに頑張ってくれるとは。内藤君の不振も気になります。開幕戦で勝利を飾った後藤君。まだ3敗なので後藤君…頑張って…伝統的なストロングスタイルを継ぐ男だと思うので頑張ってください。」

 

②全日本プロレス

Jr. TAG BATTLE OF GLORY 青木篤志の意志を継ぐ佐藤光留と岡田佑介のEvolutionが優勝。三冠王者の宮原健斗はゼウスの挑戦を跳ね返し防衛

柴田編集長「青木君の突然の死は本当にショックで残念なことでしたが、彼の思いを引き継いで頑張りましたね。地元ではりきるゼウスから三冠を防衛した宮原君もたいしたものです。防衛回数を積み上げてって欲しいです。」

 

③ノア

清宮海斗が中嶋勝彦から防衛でGHCヘビーV5。N-1には不参加を表明。

柴田編集長「中嶋君との試合は見事なチャンピオンファイトでした。王者の清宮君にはN-1出場しないとういうだけの権利はあると思います。彼も全日本の宮原君に続いて年間のプロレス大賞MVP獲りを宣言しております。11.2でN-1覇者との防衛に成功すればMVPも文句つけられないかと。老舗3団体のエースのMVP争いも楽しみです。」

N-1出場選手を発表。ワグナーJrの息子も参戦

柴田編集長「金剛から小峠君が抜けたのが今後どうなるか気になります。拳王君も毎回毒のある発言で気になります。」

 

④ZERO-1

火祭り決勝で火野が優勝

柴田編集長「火野君はZERO-1のエースとしての自覚が強いです。この身体も凄いですし、火祭り刀も似合います。頑張ってくださいZERO-1!」

ライガー&サスケが大谷&高岩と久々の邂逅。サスケは久々の忍者スタイルでライガーのハーフマスク

柴田編集長「新日本プロレスの栄光のジュニアの時代が甦りましたね。勿論、今のジュニアも凄いんですけど。今後のZERO-1に期待です!」

佐渡ヶ島の大会にもライガー選手が参戦すると聞いて

柴田編集長佐渡ヶ島といえばかつて新日本にいた小杉君ね(※小杉 俊二)。彼もまた会場にいらっしゃるんでしょう。」

暑い夏、熱中症にならないように気を付けながら今日も一緒にプロレスを楽しみましょう!!

 

今後もプロレスTODAY増刊号では柴田編集長の最新プロレス情報の解説、素敵なレスラーのゲストのトークをお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事