【新日本】KENTAがヒールターンしバレットクラブ入り!久々にリングインの柴田勝頼が孤軍奮闘するも返り討ちに合う!8.12 日本武道館大会

KENTAがヒールターンしバレットクラブ(BULLET CLUB)入りだ。更には2019年6月9日、DOMINION in OSAKA-JO HALLの第6試合の直後に新日本入りを表明する際にその引き入れ役を受けてくれた恩人ともいうべき柴田勝頼が裏切りのKENTAを止めにリングインするも多勢に無勢のバレットクラブに返り討ちにあった。

事件が起きたのは12日、東京・日本武道館で行われたHEIWA Presents G1 CLIMAX 29の最終戦第6試合。試合展開と試合後の顛末を連続写真でご覧下さい。

KENTAはYOSHI-HASHI、石井智宏のCHAOSとトリオを組み、タンガ・ロア、タマ・トンガ、バッドラックファレのバレットクラブトリオに相対した。

入場しコーナーでポーズを決めるKENTA

入場後にコーナーでポーズを決めるYOSHI-HASHI

入場する石井智宏。手にはNEVER無差別級のベルトを携えている

対してバレットクラブはマネージャーの邪道をリング外に引き連れ3人の連携を見せる

タンガ・ロアの強烈なラリアットが石井を襲う

バレットクラブに攻撃を受け続けた石井はバックドロップで反撃

コーナーで待ち受けるKENTAがコーナーマットを叩いて石井を呼び寄せる

石井が息も絶え絶えにコーナーのKENTAにタッチをしにいくも、その手をKENTAは空かしてシカト

花道に向かって歩いて行ってしまうKENTA

KENTAを呼びに行く石井に後ろからタマ・トンガがとびかかる

倒された石井にコーナーから飛びかかるタマ・トンガ。向こうではその様子をKENTAが眺めている

更にYOSHI-HASHIに攻撃を加えるタンガ・ロア。それを向こうで見つめるKENTA

次々と攻撃をくらうYOSHI-HASHI

石井が反撃を試みる

巨体を誇るバッドラック・ファレすらも持ち上げて投げ飛ばす石井

更にはラリアットでリング上を一掃する石井。それをにらみつけるKENTA

向こうで様子を見ていたKENTAがリングに走りこんでくる

仲間であるはずの石井にブサイクへの膝蹴りを喰らわせるKENTA

更には石井を担ぎ上げ

必殺のgo 2 sleep!

崩れ落ちる石井智宏

ニヤリと不敵な笑みを浮かべるKENTA

その石井を抑えつけるタマ・トンガ。裏切ったKENTAと視線を合わせながらスリーカウント

日時:2019年8月12日(月祝) 13:00開場 15:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:12,014人(札止め)

第6試合 30分1本勝負
KENTA YOSHI-HASHI ×石井智宏
vs
タンガ・ロア 〇タマ・トンガ バッドラック・ファレ
8分35秒  go 2 sleep→体固め

次ページ、裏切ったKENTAを許さない柴田勝頼がリングに殴り込む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2