【大日本】デスマッチドラゴン伊東竜二が自伝本を出版!12/18横浜で先行販売!出版記念インタビュー

大日本プロレスのデスマッチ・ドラゴンこと伊東竜二選手の初の自伝『デスマッチ・ドラゴンは死なない』が12/21(土)に発売される。著書の出版を記念して本書に関するインタビューをプロレスTODAYで敢行した。

【会場限定カバー版】デスマッチ・ドラゴンは死なない

なお12/18(水)の大日本プロレス横浜文体大会で本書の先行販売が決定した。先行販売では会場限定カバーと2020年カレンダーが付いてくる。気になる人は是非、横浜文体で限定本を手に入れて欲しい。

――今回の本を興味深く読みました。伊東選手の20年とデスマッチの攻防が細かく描かれているところが印象的でした。

伊東「ハイ」

――試合の様子はどの様にして描かれたのでしょうか

伊東「週プロmobileで過去の対戦結果みながら思い起こしていきました。人に何年何月のどの試合と言われても思い出すのは難しくて…対戦結果をみながら思い起こしていくと結構でてくるんですよね」

――ポイントとなるところでの技の描写も素晴らしかったです

伊東「サムライTVさんの開局が丁度、自分のデビューの1年前に開局していて。そこそこの映像がある。自分のデビュー戦もありますし。細かい攻防やなんだは、特にタイトルマッチは映像があるので」

――なるほど。それを振り返りながらこその描写ですね。今回この本を出しての感慨は?

伊東「2年前に大介が本を出した※時に、『俺はないな』と思ったんですよ」

※劣等感 関本大介

――(笑)それはどうしてでしょう?

伊東「大介の本を読んで、事細かに書いてあるのをみて、自分でも小説とかよく読んでいるんですが、自伝本を読んで『これは大変だ』と。『こういう面倒くさい仕事は来なければいいな』と…」

――それが来てしまったと?

伊東「そうなんですよ。うちの社長に『2年前は大介が自伝本だしたから今年は伊東じゃないかなあ』って言われて、ウワーって」

――相談があってすぐに出版が決まった?

伊東「あーわかりましたーと曖昧に返事をしていたら、話が進んでいって…」

――でこうして形になったと

伊東「本当は両国までにという話もあったんですけど」

――11月に合えばという話もあったのが

伊東「(12月18日の)文体になって」

――内容に関して。高校時代にボクシングを始められますが、今でもボクシングはお好きなんですか?

伊東「中々やってないんですが、TVでやっていれば見るようにしています」

――辰吉さん以外でもお好きな選手はいらっしゃるんですか?

伊東「山中選手とか…」

――神の左の山中慎介選手!

伊東「タイトルマッチぐらいしか放送しないので」

――現在はボクシング的な動きは全く離れてしまっていますか?

伊東「そうですね。全くやってないですね」

――その後、大学時代に長い夏休みに入るわけですが…

伊東「ダメ人間時代ですね」

――大学時代は怠惰になりがちな時期だとは思うのですが、その後の人生にプロレスラーになるというある意味、人生をリセットする選択肢を提示していると思います。今だとそのまま引きこもりになってしまう人もいると思いますが、そういう人に一言いうとすれば

伊東「そうですね。なんとなしに大学に行ってなんとなしに授業に出てってなりますけど、大学は期限が決まっていると思うんです。(自分の場合は)大学から呼び出しがあって『どうすんだ?』っていうのがあったので。それまではダラダラしてましたよね」

――実際に、そのダラダラしていた期間は具体的にどんなスケジュールを過ごされていたんでしょう?

伊東「ほぼほぼ昼前に起きてダラダラTVをみながら…」

――どんな番組を見られてましたか?いいともとかですか?

伊東「そうですね。笑っていいとも!をみたりワイドショーを見たり、普通の社会人では過ごさないような時間の使い方ですよね。ゲームしたりしながら、本当に何もない毎日でしたね」

――ちなみにゲームはどういうタイトルをプレイしてましたか?

伊東「プレステですね。ロールプレイングとかファイナルファンタジーをやったりだとか…」

――ファイナルファンタジーⅦとかそのあたりですか?

伊東「丁度セブンの時期ですね」

――当時はクラウドと一緒に戦っていた時代が続いていたと。当時の自分に今、一言いうとしたらなにかありますか?

伊東「働け!と、ひっぱたきますね(笑)」

――今だからこそ言えることですよね。それからプロレスラーになってという話になりますがご両親とのやり取りも興味深く読みました

伊東「猛反対とまではいわないですけど、色々と話はありましたね」

――実際に20年にわたるその後の活躍もあってご両親の評価はどうなりました?

伊東「父親はもう10年前に亡くなりましたけど、母親は健在で、この間1カ月前に盛岡で試合をした時も見に来てもらって…」

――今では凄く応援してくれている?

伊東「そうですね。始めの頃はプロレスはキャリアの浅い人がどうしもボコボコにやられるじゃないですか、それが『見ていられなかったけど、どんどんキャリアを重ねていくうちにやられる側よりやる側になったんで、それほど不安にならない』とは言っていました」

――お父様も亡くなられる前に応援して下さった?

伊東「うちの父親が材木店を営んでいまして、亡くなる前にリングの板を全部取り替えましたね(笑)」

――お父さんの材木店で?ある種、親孝行もしてという…

伊東「そうですね(笑)」

――素晴らしい。親子共々に歩んできたわけですね。ご親戚の方はどうです?

伊東「大分、高齢なので…でも何人かは見に来てくれていて」

――デビュー前に心配されたところから見事にひっくり返してこられてますね。

次ページ、アブドーラ小林のイビキについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3