【村瀬広樹のUTAMARO(ウタマロ)日記~プロレス武者修行】82「アメリカの今2」

さぁ〜始まりました世界UTAMARO滞在記。

今週は本当はアメリカのコロナ事情パート2について書く予定だったが、アメリカでは今、コロナ問題以上に黒人差別について取り上げられているので、俺も約2年間アメリカに滞在中に見た、そして感じた黒人差別について今週は書こうと思う。

アメリカにおいて黒人差別というのは確かに存在していた。昔からアメリカにおいて、白人や黒人という言葉を言うことじたいが、タブーのようでゼロではないが、冗談でも皆んなあまり口にはしない。

それとこれはルームシェアしていた友達から聞いた話だが、小学校や中学校などの学校の授業で、人種差別については教わらないらしく、どちらかというと家族とかアメリカで生活をする中で知っていくみたいだ。

それほどまでに人種差別というのは暗黙の了解で触れてはいけないタブーみたいだ。

他にも意外に知られていないと思うが、就職活動時に履歴書上の名前から判断して、黒人を彷彿させる名前の生徒には、企業から面接へ進ませる連絡が行く確率が、白人の生徒の半分以下だと言うのも聞いて驚いた。

あと普段、普通に車を運転していても、白人と黒人では警察に止められる確率が全然違うという。

酷くないか!? 何もしていないのに、黒人というだけで悪者扱いだよ。これは悲しすぎる。

他にも俺の知らないところで沢山差別は起きていると思う。

今回悲しいニュースが起きてしまったが、これで世界中の人に対して黒人差別問題が少しでも改善されるといいな。マジで!!

アメリカ在住の時にアジア人の俺が、凄い助けてもらったりしたからよ、俺はこういうのがなくなることを強く願う!

なかなか暗いニュースが続くが、皆んな気持ちだけは落とさず今は踏ん張ろうな!
その先には必ず明るい道が開けるから。

じゃあまた来週な。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事