【DDT】秋山軍(仮)7.23後楽園での「オールアウト」との全面対抗戦に向け視界良好 !初の合同練習で結束力深めた

23日の東京・後楽園ホール大会で、竹下幸之介率いる「オールアウト」と4VS4の全面対抗戦(秋山準、大石真翔、渡瀬瑞基、岡谷英樹組VS竹下、彰人、勝俣瞬馬、飯野雄貴組)を行なう「秋山軍(仮)」が、その結束力を深めた。


6日、同軍の秋山、大石、渡瀬、岡谷が都内のDDT御茶ノ水道場で公開練習を敢行。練習には、強化指定選手として、特別に納谷幸男、中村圭吾も参加した。

1日付で、全日本プロレスからDDTにレンタル移籍した秋山は6日に初めて、DDT道場に出向き、主に指導役として、メンバーにけい古をつけた。ボディスラム、アームホイップの投げ方や受け身の取り方といった基本的な動きから、グラウンドレスリングでのスパーリングなど、2時間余り、みっちり汗を流した。

練習後、報道陣の取材に応じた秋山は「自分をどういう風に見せていったらいいかとか、技はどうだとかいろいろ質問も受けて。DDTでやってきたものを全部ボクが来たからと言って取っ替えるのはイヤなので。やりたいこととかアドバイスしたり、基本的な投げ方をアドバイスした感じです。教えることもたくさんあると思うので、ポイント、ポイントでできることをやろうかなと。基本的にでき上がってる選手が多いので、そこはあまりいじりたくない。逆にいじって、余計にバランスというか、動き全部が変になったらイヤなんで。『これはどうした方がいいんですか?』という質問に対して、『これはこうやった方がいいんじゃいか』とか、そういう風にしていきたい。岡谷クンとか、まだデビューして間もなく、3年目以下の選手には変えていいかなと思いますけど、それ以上の選手には、あまりいじりすぎない方がいいのかなと思ってます。でも、いろいろ見てたら、『こうした方がいいんじゃないか』ということもたくさんあるんで、それはいる間はずっと練習場だけでじゃなく、試合会場でも気付いたことがあれば伝えようかなと思います」とコメント。

19年目のベテラン・大石は「秋山さんの教え方を勉強したという感じです。これからもたぶんそういう機会が多くなってくると思うんで。彼らみたいにバカスカ受け身も取れないし、速くも動けないんで。秋山さんがしてきたことをボクがしていけるように、そういうところを盗んでいきたい」と話した。

渡瀬は「技術も、もちろんそうなんですけど、リングに立ったときのたたずまいとか、姿勢、歩き方とか一つ一つで、これが秋山さんがリングで出してるオーラに、圧につながるのかというのを今日感じました。そういうのを吸収したら、リングで対じした相手に、『この選手はすごい圧があるんだ』と感じさせることができるのかなと思いました」と語った。

3月にデビューしたばかりの岡谷は「ふだん学んでいることと全く違う形で、いろいろ細かいところとか学ばせていただいて、こういう動きや取り方もあるんだというのがすごくありました。これから、そういう動きも取り入れていきたいと思います」と話した。
また、秋山の得意技であるフロント・ネックロックを自身の持ち技としている渡瀬が「小学校の頃から、プロレスごっこで誰にも勝ったことなかったんですけど、初めての勝利が、クラスでいちばん強かった子にフロント・ネックロックで鼻血KOしたという思い入れのある技。秋山さんに使って、使われて、ホンモノのフロント・ネックロックはこんななんだというのを盗んでいきたい」と説明。

それを聞いた秋山は「さっき彼に『人の技は使うな。オリジナルをやれ』って何度も言ったんです。人の技を使うというのは、2番手、3番手。オマエ(渡瀬)は2番手でいいけど、ほかの選手には、自分のオリジナル、その選手を代表する技をつくってもらいたい。新しくつくることじゃなくても、昔誰かが使ってた技をちょっと変えるとか、そのまま使ってもいいし」と苦言を呈すも、半ば黙認する姿勢を示した。

初めて4人そろって合同練習したことで、秋山は「渡瀬以外は結束力はバッチリです(笑)。でも、ボクが来て、DDTの選手、特に彼(大石)は。渡瀬もそうですけど、うまくつないでやってくれるんでありがたい。なんだかんだ文句言ってますけど、(渡瀬は)ボクのところに来てくれて、いろいろ話してくれたり、DDTの状況をよく話してくれるんで。ボクはもう彼らを信用して。岡谷クンはまだ何をやっていいかわからない状況で、ここに来てがんばろうとしてるんで。ここにいてやっていれば、上に行かせることができると思うんで、がんばってもらいたい」と結束力が強まったことをアピールした。

「秋山軍(仮)」は、まだユニット名が決まっていないが、現在SNSを通じて公募しており、各選手が気に入った名前のなかから、SNSでファン投票し、後楽園大会までに決定する予定だ。
また、この日、一緒に練習した“大器”納谷に関して、秋山は「ボクのSNSに『納谷選手をどうにかしてくれ』って来るんですよ。たぶん、みんな納谷クンにすごい期待してるんだと思う。ちょっと見たら、動きが小さくなってる。DDTはみんなが小さいからだと思う。でも竹下選手とか、樋口(和貞)選手とかいるんだし、大きい選手とやるときは胸張って。小さい人とやるときも胸張って、自分をいかに大きく見せるかというのを、彼に伝えて。ボクも大きいので期待してます。今日彼は吸収してるんで。たぶんすぐよくなると思う」と期待を寄せていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事