【ZERO1】『(コロナ)終焉後には全国を周りたい』(大谷晋二郎) ZERO1が全都道府県を対象としたT-DASHツアー開催‼️』

ZERO1が全国ツアーに出る!

これまで『いじめ撲滅、地方創生』をモットーに全国の小学校、中学校、駅前やショッピングモールでのチャリティプロレスまた地方都市の市町村、町おこし的イベントを繰り広げてきたZERO1。

このコロナ騒動により今年、試合数は一気にガタ落ちとなった。

7、8月など例年では、この二月で50試合近く行っていた彼らがこのコロナ渦で考えた新しい企画とは…?

▼大谷晋二郎コメント
「いま、この大変な世の中でありますが、後楽園大会でもソーシャルディスタンスを守り、運営させて頂いております。コロナが終焉すると信じて、秋より新企画をスタートさせたいと思います。その名も『第一回T-DASHツアー』です!

僕たちには全国にサポーターズの支部があります。そして、この度T-DASHさんの全国支部の皆様にご協力を頂き、全都道府県から1人その都市出身のレスラーや、ゆかりあるレスラーを選出しリーグやトーナメントによって1番を決めます。

ウチで言えば、僕は山口出身なので当然山口県代表は僕です。田中将斗は和歌山、関西。他団体であれば東北ならザ・グレートサスケ選手とか。

そういった、僕たちに加えコロナで大変な思いをした、沢山の選手に出場して頂きたいと思います。そして、決勝の舞台は3月14日の両国国技館で行います。」

コロナ渦によりなかなか難しい状況にあるが…
アフターコロナを居据えての発言は、大谷の前向きそのもの。

▼T-DASH 玉井代表 コメント
「私、T-DASH代表の玉井良輝と申します。この度、ダイコーホールディングスグループの伊藤取締役を通じてプロレス団体ZERO1との協同企画として、来る2021年3月14日両国国技館にて、「T-DASHトーナメント」決勝戦を実施することに決定いたしました。

全国で興行や社会貢献活動を通じて、日本の未来を明るくしていきたい!というコンセプトを掲げております。プロレスは『健康』をテーマに全国的に実施し、日本が元気になればこのコロナ禍を乗り越えていけると確信しています。

先ほどの大谷選手のお言葉でございました、ZERO1さんには、「サポーターズクラブ」という組織が全国で支部化しており、また我々も同じく全国に人の輪を繋げる組織を持っております。
その支部が推奨するご当地レスラーと共にタイアップ企画を実施します。

それは、ご当地レスラー達で、「日本一」を決定選手権です!彼らが元気に健康で闘う姿を披露し、社会貢献活動を実施。

そして地元の産物や文化交流等サポートしていく所存です。多くの皆様の暖かいご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。」

新生ZERO1に、また大きなタッグパートナーが現れた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事