【ドージョーチャクリキ】10.23(金)『CHAKURIKI 7~水の都バトル~』激闘王、チャクリキのリングへ帰還!

「激闘王、チャクリキのリングへ帰還!」

10月23日(金)愛媛県 西条市総合体育館での「日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜」にて、第6試合の「紀州のマルちゃん vs TASUKU」戦が、紀州のマルちゃんの手首骨折による大会欠場で当カードが消滅。
 
欠場の紀州のマルちゃんに代わって「激闘王」マサ佐藤(沖縄/名護ムエタイスクール)の出場が電撃決定。
 
マサ佐藤は2016年に中国「英雄伝説」の全アジア32名トーナメントに参戦。激戦を勝ち上がり全アジア王者となり、2017年にはチャクリキ協会LEGENDのトーナメントでも優勝。
 
2019年のICOインターコンチ王座決定戦では判定で北野克樹選手に敗れたが、激闘に継ぐ激闘で「マサ佐藤の試合にハズレ無し」と評された。
 
その後、マサ佐藤はKNOCK OUT、SB、RISEと大舞台で戦い続け、約2年ぶりのチャクリキのリング登場となった。まさに「激闘王の帰還」。
 
対するTASUKUも2018年には新日本キック「MAGNUM 48」にて現日本フェザー級王者の高橋亨汰を判定で破るなど、隠れた実力者として実績を積んでいる。
 
マサ佐藤vsTASUKU、激闘必至のカードが組まれた。
 
▼第6試合 キックマッチ 62.5kg契約 3分3R(延長無し)
マサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説全アジア王者)vs TASUKU(CRAZY WOLF)
 
【既報カード】
 
▼第8試合 メインイベント ICO認定インターコンチネンタルフェザー級(57kg以下)王者決定戦 3分5R(最大延長2R)
元山祐希(日本代表/武勇会/イノベーションフェザー級3位)vs ロベルト・オリビア(欧州代表/イタリア・ローマ/ライニクランジム/ISKAインターコンチネンタルフェザー級王者)
 
▼第7試合 セミファイナル グラップリングウェルター級(77kg以下)タイトルマッチ 5分3R(延長1R)
安楽ヂエゴ(王者/グレイシーバッハ姫路)vs 大和ヒロシ(挑戦者/フリー/第33代世界ジュニアヘビー級王者)
 
▼第6試合 キックマッチ 62.5kg契約 3分3R(延長無し)
マサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説全アジア王者)vs TASUKU(CRAZY WOLF)
 
▼第5試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
ノブ ハヤシ(ドージョーチャクリキ・ジャパン/1999・2004 K-1 JAPAN 準優勝)
天田ヒロミ(天田フィジカル&ボクシングスクール/2004 K-1 JAPAN 王者)
佐藤嘉洋(名古屋JKF/2006・2005 K-1 WORLD MAX日本王者)
vs
中迫剛(フリー/1998・2002 K-1 JAPAN 準優勝)
富平辰文(フリー/2005 K-1 JAPAN 準優勝)
長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾/2010 K-1 WORLD MAX日本王者)
 
▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
青木真也(フリー/第2代DREAMライト級王者、第2、6代ONE世界ライト級王者)
鈴木悟(TAKE IT EASY/第48、50代ボクシング日本ミドル級王者、第4代SB日本Sウェルター級王者)
vs
ライジングHAYATO(愛媛プロレス)
凡人パルプ(愛媛プロレス)
 
▼第3試合 タッグマッチ 20分1本勝負
スペル・デルフィン(沖縄プロレス)&カーベル伊藤(フリー)vs 佐野直(フリー)&イマバリタオル・マスカラス(愛媛プロレス)
 
▼第2試合 愛媛プロレス提供マッチ 15分1本勝負
石鎚山太郎(愛媛プロレス)vs マツヤマ・ウォリアー(愛媛プロレス)
 
▼第1試合 キックマッチ ウェルター級(67kg以下) 3分3R(延長無し)
竜義(チャクリキ武湧会)vs 松﨑亮磨(T.B.NATION/第3回WBCムエタイリーグ日本王者)
 
大会名/日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜
会 場/西条市総合体育館
    (愛媛県西条市ひうち1番地2 TEL.0897-53-3006)
日 時/2020年10月23日(金) 17:00開場 18:00開始
 
お問い合せ/info@chakuriki.jp
大会主催/ドージョーチャクリキ株式会社
大会後援/公益財団法人日本骨髄バンク、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛新聞、スポーツ報知、東京スポーツ新聞社、FM愛媛、週刊愛媛経済レポート、月刊愛媛 Komachi、タウン情報まつやま、ウイークリーえひめ リック、闘道館
大会協賛/日本水産株式会社、眞露株式会社
大会収益の一部を公益財団法人日本骨髄バンクにご寄付させて頂きます。
※出場選手は予告無く変更となる場合もございます。予めご了承ください。
 
 
▼こちらも合わせてご覧下さい
 
【プロレスTODAY増刊号】10.23(金)『CHAKURIKI 7~水の都バトル~』甘井代表による見どころ解説!
 
【プロレスTODAY増刊号】アントニオ猪木氏マネージャーが語る近年の活躍!オカダ・カズチカへのアドバイスとは?<甘井もとゆき氏インタビュー>
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事