【東京女子】らくが乃蒼ヒカリから初の3カウントを奪い、7・10両国でのインターナショナル王座挑戦が決定!「私の人生を変えたいし、見てる人の人生も変えられるようなタイトルマッチにしたい」

東京女子プロレスが6月26日、東京・両国KFCホールで「Stand proud」を開催。「アップアップガールズ(プロレス)」のらくが6人タッグ戦で、インターンナショナル・プリンセス(IP)王者の乃蒼ヒカリから3カウントを奪い、7月10日、両国KFCホールで同王座に挑むことが決定した。

この日、愛野ユキ、原宿ぽむと組んだらくは、乃蒼、鈴芽、猫はるな組と激突。乃蒼に激しいチョップ連打を繰り出すなど闘志を見せたらくは、かがやきからドクターイエローを狙うも、乃蒼がトラースキックで切り返した。

ここで一瞬の隙を突いたらくがクロスアーム式逆さ押さえ込みで丸め込んで3カウントを奪った。

 らくは「今日初めてヒカリちゃんから3カウント奪うことができました。何度もシングルで負けて。あまり悔しいとか言葉にしてこなかったけど、ヒカリちゃんがそのベルトを獲る前から、ずっと欲しいと思ってた。よかったら挑戦させてください」とアピール。

 乃蒼は「らくちゃんの思いはすごくうれしいし、こんな早く私のベルトを欲しいと思ってくれると思ってなかったので、ありがとうございます。今日負けて悔しいので、同じ場所。7月10日、両国KFCホールでどうですか?」と受諾。これにより、7・10両国で、アプガメンバー同士によるIP王座戦が決まった。

 続けて、らくは「皆さんがヒカリちゃんが強いのを知ってると思うし、ヒカリちゃんが勝つだろうって思う人もいると思うけど。私はプロレスに出会って人生変わったし、プロレスは人の人生を変えられるスポーツだと思ってるので。皆さんに最高の1日を届けられるよう頑張ります」と締めくくった。

 バックステージでらくは「前にKFCホールでシングルやって負けていて、タイトルマッチもここでやるってことなので、何かある場所じゃないかって。私の人生を変えたいし、見てる人の人生も変えられるようなタイトルマッチにしたい」とベルト獲りに意欲。

 対する乃蒼は「同期っていうのもあるし、今まで負けたことがない相手だったので。負けたことがない相手に負けるのはすごく悔しい。なので、悔しさ100倍にして返してやろうかなって思います」と返り討ちを宣言した。

【大会名】Stand proud
【日時】2021年6月26日(土)
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】202人(超満員札止め)

オープニングマッチ 20分一本勝負
○伊藤麻希&天満のどか 
vs 
舞海魅星&鳥喰かや●
11分32秒 逆エビ固め

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○辰巳リカ vs 上福ゆき vs 遠藤有栖●
7分00秒 回転足折り固め

第三試合 20分一本勝負
中島翔子&○宮本もか 
vs 
渡辺未詩&荒井優希●
10分15秒 羅生門

第四試合 20分一本勝負
●乃蒼ヒカリ&鈴芽&猫はるな 
vs 
愛野ユキ&らく○&原宿ぽむ
13分10秒 クロスアーム式逆さ押さえ込み

セミファイナル 20分一本勝負
坂崎ユカ&瑞希&○小橋マリカ 
vs 
ハイパーミサヲ&角田奈穂&桐生真弥●
10分59秒 片エビ固め
※駆け上がり式ブルドッキング・ヘッドロック

メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 沙希様●<挑戦者>
16分27秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート 。第9代王者が2度目の防衛に成功。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事