【プロレスラー選手名鑑】乃蒼ヒカリ NOA HIKARI(東京女子プロレス)

【プロレスラー選手名鑑】

◆選手名:乃蒼ヒカリ NOA HIKARI

※収録日:2021/8月

■所属:東京女子プロレス(https://www.ddtpro.com/tjpw)

▼団体プロフィール▼

アップアップガールズ(プロレス)のブルー担当。元々プロレスが好きで、デスマッチにも興味津々。2021年4・1新木場1stRINGで山下りなを相手に初のハードコアマッチで玉砕したが、高い評価を得た。5・4後楽園ホールで上福ゆきを撃破し、インターナショナル・プリンセス王座を初戴冠。

■生年月日:1998年2月18日
■身長:153cm
■血液型:O型
■体重:-
■出身地:北海道
■デビュー:2018年1月4日、東京・後楽園ホール
■得意技:裏投げ / コブラツイスト / ブリザード・スープレックス / 最後の晩餐 / ブルーレーサー
■入場曲:ROCK BOTTOM
■主要タイトル:インターナショナル・プリンセス

■愛称:ヒカリん・I am 乃蒼

■特徴:葛西純に憧れを抱く根っからのデスマッチ好きアイドルで将来はデスマッチクイーンを目指す。両耳にピアスを多数開けており、舌にも2連のセンタータンを開けるなどパンクでハードコアな姿勢を愛する。2021年4月には遂にハードコアマッチを山下りなと実施。その翌月にはインターナショナル・プリンセス王座を戴冠。さらに8月のDDTのビッグマッチではクロちゃんと共に大仁田厚との電流爆破マッチにも出場。試合前に公言していた通り高木大社長を電流爆破バットで爆破し社長の座を狙い、伊藤麻希とは電流爆破バットチャンバラを展開し2人で大爆発した。

▼経歴▼

■2017年
8月12日 – DDTプロレスリングとのコラボレーションによる新プロジェクト、アップアップガールズ(プロレス)オーディションの開催を発表がされ、オーディション合格者として、みう・らく・ひなの・ひかりの4名が発表された。名前をカタカナに変更し、8月27日の@JAM EXPOでステージデビュー。

■2018年
1月4日 、東京女子プロレス後楽園ホール大会にて、ラク&ヒカリ vs ヒナノ&ミウ戦でプロレスデビュー。
1月20日、東京・王子Basement MON☆STARでのヒナノ&ミウ戦で初白星(パートナーはラク)。
2月18日、東京・新木場1stRINGでのミウ戦で初のシングル戦を経験しシングル戦初勝利。
3月21日、東京・板橋グリーンホールでの瑞希戦でシングル戦初黒星。
6月3日、東京・新宿村スタジオC106において第5回東京プリンセスカップ出場者決定戦にてTake a chance枠の出場権を争いミウとシングルマッチを行う。5分44秒、回転足折り固めで勝利し出場権を獲得。6月9日に予定されていたトーナメント1回戦は小橋マリカの怪我により不戦勝勝利。2回戦は憧れの坂崎ユカと1対戦し敗北。
8月18日、名古屋市東スポーツセンター第2競技場大会にて、沙希様のパリ帰国前最後の試合相手に指名されシングルマッチ。
11月17日、新木場1stRING大会にて、ミウとのタッグで坂崎ユカ&瑞希の保持するTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦も敗北。
12月31日、渋谷GARRETにて行われたアプガ(プロレス)の初単独ライブより、リングネームを乃蒼ヒカリに改名。

■2019年
2月17日、DDT両国国技館大会に、アンダーマッチ枠で参戦。
4月5日、王子Basement MON☆STAR大会にて行われた「ぴぴぴぴぴなの卒業スペシャル時間差入場バトルロイヤル」にてぴなのと共に最後の2人まで残りぴなのに勝利。メンバー内でも仲の良かったぴなのの最後の対戦相手となった。


4月6日、王子Basement MON☆STAR大会にて、東京女子参戦時から組む機会の多かった万喜なつみとのタッグ名を「ぱんでみっくBoo-Boo」と発表し、タッグ王座への挑戦を表明。
5月3日、後楽園ホール大会にて、ぱんでみっくBoo-BooでTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦も敗北。

■2021年
4月1日、新木場1stRING大会のメインイベントにて、本人初となるハードコアマッチで山下りなと対戦。
4月24日、板橋グリーンホール大会にて汐凛セナ東京女子プロレス卒業マッチの相手として自ら名乗り出て対戦相手を務める。
5月4日、後楽園ホール大会にて上福ゆきを破りインターナショナル・プリンセス王座を初戴冠。
6月17日、後楽園ホール大会にて小橋マリカを相手に初防衛。
7月10日、両国KFCホールでアプガのメンバーである「らく」を相手に王座を2度目の防衛。
8月21日、DDTの真夏のビッグマッチWRESTLE PETER PAN 2021の第0試合電流爆破8人タッグデスマッチに出場。クロちゃん軍の一員として高木大社長を爆破。伊藤麻希とは電流爆破バットで相打ちとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事