【東京女子】10・9大田区でIP王座争う乃蒼ヒカリと愛野ユキが火花散らす!乃蒼「ただ受けて勝つのは難しい。前回の借りはきっちり返したい」

東京女子プロレスの10月9日、東京・大田区総合体育館大会にてインターナショナル・プリンセス(IP)王座を争う、王者の乃蒼ヒカリと挑戦者の愛野ユキが9月20日、名古屋市東スポーツセンター大会のタッグマッチ(乃蒼、鈴芽組VS愛野、猫はるな組)で激突した。

互いに先発を買った両者はエルボー合戦で一歩も引かず。終盤にはヒカリのコブラツイストをかわしたユキが、愛と炎のフルネルソンを決めた。ヒカリもトラースキックでやり返し、ユキがヴィーナスDDTをたたき込む互角の攻防。

最後はヒカリが鈴芽の援護射撃を受け、ユキから替わった猫をブリザード・スープレックスで仕留めて勝利。

バックステージでヒカリは「ガムシャラにぶつかってくるし、そのなかにテクニックもあるから、ただ受けて勝つのは難しい。今日もけっこう追いつめられたけど、大田区では前回(9・15新宿)の借りはきっちり返したい」とコメント。

対するユキは「より大田区へ火がついた。前回も今日もトラースキックを食らって動きが止まってしまった。そこは警戒していきたい」と気を引き締めていた。

【大会名】TOKYO JOSHI 2021 秋~花鳥月露~
【日時】2021年9月20日(月・祝)
【会場】愛知・名古屋市東スポーツセンター第2競技場
【観衆】176人(超満員札止め)

オープニングマッチ 15分一本勝負
○瑞希 vs 遠藤有栖●
7分35秒 キューティースペシャル

第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
天満のどか vs ○渡辺未詩 vs 鳥喰かや●
7分28秒 体固め
※ティアドロップ

第三試合 ムーンプリズムパワー・メイクアップ・2カウントフォール・ルール 15分一本勝負
○ハイパーミサヲ vs 原宿ぽむ●
6分32秒 ラ・マヒストラル

第四試合 15分一本勝負
○伊藤麻希 vs 宮本もか●
8分2秒 逆エビ固め

セミファイナル 20分一本勝負
○乃蒼ヒカリ&鈴芽 
vs 
愛野ユキ&猫はるな●
10分2秒 体固め
※ブリザード・スープレックス

メインイベント 20分一本勝負
山下実優&○角田奈穂&らく 
vs 
坂崎ユカ&中島翔子&上福ゆき●
13分27秒 体固め
※紫電改

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事