【東京女子】プリンセスタッグ王座初Vのマジラビが仰天発言!「挑戦者は人間じゃなくてもいい」

 東京女子プロレスが11月26日、東京・千代田区の神田明神内で記者会見を開き、同25日の後楽園ホールで、山下実優、伊藤麻希の「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)」を下してプリンセスタッグ王座の初防衛に成功したマジカルシュガーラビッツ(以下、マジラビ)の坂崎ユカ、瑞希が一夜明けた心境を語った。

 坂崎は「正直試合は期待してなかったんですけど、始まってしまったらお互い熱も上がるし、削り合うような試合になった。瑞希の粘りもあって、山下から獲れた」と、瑞希は「マジラビの方が絆あって、(あの2人は)瑞希には分からない違った愛の形があって。闘ってたら悔しくもなったり、なおさら負けたくない気持ちになった。本当にここで勝てたことがうれしいし、マジラビとしても成長できた」と試合を振り返った。

 今後の防衛ロードについて、坂崎が「化けものを倒したので人間といいうくくりでなくてもいい。近場で言えば、ポコたん(DDTのマスコットキャラクター)とかヨシヒコもいるし。人間じゃなくてもいいと思う」と仰天発言し、瑞希も「同じで、新しい挑戦ができたらいい」と同調した。

 12月10日に東京・新宿FACEで開催される、同団体のスピンオフ興行「TJPW INSPIRATION」の第3弾でマジラビは、トロピカワイルドのSAKI、水森由菜組と対戦する。ふだん他団体との交流を行っていない東京女子としては、異例のマッチメークとなるが、坂崎は「初遭遇で何も知らない状態。瑞希に全部聞こうと思います。瑞希におんぶにだっこでいこうと思います」とコメント。

 SAKIとは「ブリバト」時代の同期生にあたる瑞希は「(2人は)自分がある感じで、そこはマジラビも一緒。ユカっちと、SAKIっぽ、ゆなもんの対戦は楽しみ。マジラビとして負けたくない」と必勝を期していた。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事