【DDT】ガンプロ移籍の渡瀬瑞基が壮行試合で敗戦も「いろんな世界見て大きくなってきます!」

DDTプロレスが12月5日、東京・後楽園ホールで『D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ the FINAL』を開催。D王GP優勝決定戦はKO-D無差別級王者の竹下幸之介が上野勇希との戦いを制して優勝した。

この日の第二ダークマッチでは、11月25日にガンバレ☆プロレス移籍を発表した渡瀬瑞基壮行試合が行われ、岡田佑介とシングルマッチで対戦。渡瀬はトぺコンやエルボーで攻めるも、岡田のダイビング・ヘッドバットからのサドンデスに敗れた。

試合後、渡瀬はマイクを持たずに肉声で「ガンプロいって、いろんな世界見て大きくなってきます。6年間ありがとうございました。」と挨拶すると会場から拍手が送られた。

バックステージでのコメント

岡田「しょっぱかったな俺が。渡瀬選手、一発一発が重いし。元々、このDDTに来た時に俺に一番最初に噛みついてきてくれたのが渡瀬選手だったから。やっぱり『この生意気なクソヤロー』って思ってたけど、俺は何も発信せずに、何にもせずに大人しくやってる人より、渡瀬選手みたいな選手の方が絶対に好きやし。俺もああいう選手より、もっと上にいかなあかんで思うし。渡瀬選手、ガンバレ☆プロレスにいっても俺はあんたとのプロレス終わったつもりは一切ないから。ガンバレ☆プロレスであろうがDDTであろうが、俺はお前と一生闘い続けるからな。ただ一言、ありがとうございました」

渡瀬「今日の試合、岡田選手がDDTにやってきて…なんか、言ってることが思ってることと違うなって思ったから俺は『それ違うんじゃないの?』って言ったし。それで決まったシングル、俺のケガで流れちゃって申し訳ないことしたけど。今日、DDT最後だから気持ちよく勝って終わりたかったけど、あっち(岡田)のDDTで頑張るって気持ちが強かったのかな。でも、これが終わりとは思ってないから。ガンプロでまた会えればいいし、DDTにもまた上がる機会があればやりたいと思うし。DDTから移籍するっていっても、マイナスということじゃなくて、やりたいことがすげえいっぱいできちゃって。それを1つ1つ叶えていくためのプラスの移籍だと俺は思ってるから。これから頑張って。(近くにいた大家を見て)頑張りますよ。ガンバレ☆プロレスで。ねえ、健ちゃん」

大家「ああ、そうだな!ガンバっていくしかねえんだよ。場所はどこであれ、空でつながってんだよ。日本だろうが海外だろうが宇宙だろうが、すべてつながってます。だから移籍なんてほんのちっさいこと、ちっさいことだけどこのガンバレ☆プロレスに渡瀬が移籍したことでめちゃくちゃおっきい変化起きるからな。おい、この業界もひっくり返るような選手に、俺たち全員なるからな!おい、分かったか!」

渡瀬「俺、頑張るよ。頑張ります!」

【大会名】D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ the FINAL
【日時】2021年12月5日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】650人(超満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
納谷幸男&●石田有輝 vs 岡谷英樹○&高鹿佑也
7分19秒 ノーザンライト・スープレックス・ホールド

▼第二ダークマッチ 渡瀬瑞基壮行試合 15分一本勝負
●渡瀬瑞基 vs 岡田佑介○
8分36秒 エビ固め
※サドンデス

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
大鷲透&●アントーニオ本多&平田一喜 vs 彰人○&赤井沙希&小嶋斗偉
7分0秒 足4の字固め

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●彰人 vs 平田一喜○<挑戦者>
11時48分 体固め
※彰人が防衛に失敗、平田が第1524代王者となる。

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●平田一喜 vs 大鷲透○<挑戦者>
11時49分 体固め 
※ボディスラムを押し潰す。平田が防衛に失敗、大鷲が第1525代王者となる。

▼第二試合 3vs1ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
×男色“ダンディ”ディーノ&飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎×
4分12秒 無効試合
※フェロモンズの暴走

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○高梨将弘 vs 勝俣瞬馬●
7分24秒 変形横入り式エビ固め

▼第四試合 D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱスペシャル10人タッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○遠藤哲哉&吉村直巳&火野裕士&ボディガー vs HARASHIMA&樋口和貞&クリス・ブルックス&MAO●&岡林裕二
17分5秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 高尾蒼馬●<挑戦者>
18分48秒 足極めクロス・フェースロック
※第5代王者が2度目の防衛に成功

▼メインイベント D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ優勝決定戦 時間無制限一本勝負
○竹下幸之介<Bブロック1位> vs 上野勇希●<Aブロック1位>
27分10秒 Plus Ultra
※竹下がD王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ優勝

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事