【東京女子】伊藤麻希が乃蒼ヒカリを下し2年ぶりにIP王座戴冠!「このベルトを持って絶対にAEWに行く!」

 東京女子プロレスが1月4日、年始興行「東京女子プロレス’22」を東京・後楽園ホールで開催。セミファイナルでは、伊藤麻希がインターナショナル・プリンセス(IP)王者の乃蒼ヒカリを下して2年ぶりに同王座に返り咲いた。

 伊藤は19年10月19日、東京・両国KFCホールでまなせゆうなを破り、第3代王者になったが、20年1月5日、東京・板橋グリーンホールでサンダー・ロサに敗れて王座から陥落。それ以来、2年ぶりの同王座への挑戦となった。

 昨夏のトーナメント「第8回東京プリンセスカップ」を制した伊藤だが、対する乃蒼も4度の王座防衛に成功しており、両者ともにメキメキと実力がアップした。試合はタイトル戦にふさわしい熱のこもった一進一退の攻防となり、伊藤がヘッドバット、伊藤パニッシュで攻め立てれば、乃蒼もミサイルキック、ブリザード・スープレックスで対抗。

 15分過ぎ、伊藤が雪崩式DDTから伊藤デラックスで絞り上げてギブアップを奪った。

 2年ぶりにベルトを手にした伊藤は「ベルト獲るのってメッチャ難しいの。簡単にみんな挑戦するけど。獲るのがこんなにも難しいのって、獲ってからじゃないと分からない。でも、防衛ロードはこれ以上大変で。乃蒼ヒカリから獲れたのは、もう一段階上に行けたかなって思える相手だった。乃蒼ヒカリのためにも、このベルトをスターの証にしていかないと。このベルトを持って、絶対にAEWに行く! そしてサンダー・ロサともう1回闘って、必ず勝つ! 欲を言ったら、オレンジ・キャシディとも闘ってみたい。世界にはいろんな魅力的な選手が山ほどいる。だから伊藤はそいつらを一人ずつ、このベルトと倒していきたい」とビジョンを掲げた。

 敗れた乃蒼は「このベルトに一番似合うのは自分かなって思ってたので、すごい悔しいです。でもベルトがなくなったから守るものがなくなったので、自分のやりたいことをもっと貪欲にやれたらなって思います。もう失うものは何もないので、いろんなことに挑戦していけたら。きっと伊藤さんの方があのベルトにもっとインターナショナルな世界を見せてくれると思う。停滞したときは、自分がまた挑戦して、次こそは勝ちたいと思います」と前を向いた。

【大会名】東京女子プロレス’22
【日時】2022年1月4日
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】695人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
桐生真弥&●宮本もか vs 鈴芽&遠藤有栖○
11分39秒 キャメルクラッチ

▼第二試合 新春虎の子救出マッチ 15分一本勝負
○中島翔子 vs ハイパーミサヲ●
12分8秒 虎の子救出

▼第三試合 20分一本勝負
辰巳リカ&○渡辺未詩 vs 上福ゆき●&角田奈穂
10分19秒 体固め
※ティアドロップ

▼第四試合 のどかおねえさん一日復活特別試合 20分一本勝負
○のどかおねえさん&愛野ユキ&猫はるな vs 小橋マリカ&らく&原宿ぽむ●
11分4秒 片エビ固め
※バックフリップ

▼第五試合 15分一本勝負
○坂崎ユカ vs 荒井優希●
12分51秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●乃蒼ヒカリ vs 伊藤麻希○<挑戦者>
16分9秒 伊藤デラックス
※ヒカリが5度目の防衛に失敗、伊藤が第7代王者となる。

▼メインイベント プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○山下実優 vs 瑞希●<挑戦者>
19分12秒 片エビ固め
※クラッシュ・ラビットヒート。第9代王者が4度目の防衛に成功。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事