【東京女子】辰巳リカ&渡辺未詩の白昼夢が爆れつシスターズを破りタッグトーナメント制覇!3・19両国でマジラビが保持するプリンセスタッグ王座に挑戦

 東京女子プロレスが2月11日、東京・後楽園ホールで「Positive Chain ’22」を開催。「第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント」決勝戦で、辰巳リカ、渡辺未詩の白昼夢が実の姉妹の爆れつシスターズ(天満のどか、愛野ユキ)を下しトーナメントを初制覇。3月19日、東京・両国国技館でマジカルシュガーラビッツ(マジラビ=坂崎ユカ、瑞希)が保持するプリンセスタッグ王座に挑むことが決定した。

 過去の両軍の対戦成績は1勝1敗の五分。渡辺が開花式ジャイアントスイングで愛野をぶん回せば、愛野は愛と炎のフルネルソンで逆襲。天満が辰巳にダイビング・ボディプレスを敢行すれば、辰巳は足4の字固めで反撃するなど、実力がきっ抗する両チームの闘いは一進一退の目が離せない攻防が続いた。

 爆シスは必殺の合体技・爆れつブルドッグを渡辺に見舞うも、フォールは奪えず。ピンチを脱した白昼夢は、辰巳が天満をスリーパー、ドラゴンスリーパーで絞め上げ、合体技の白昼夢エタニティを繰り出した。

 そして、青息吐息の天満の顔面めがけて、辰巳がトップロープからミサイルヒップをたたき込んで3カウントを奪取した。

 栄冠を勝ち取った辰巳は「私たちには、まだ叶えたい夢があります」とマジラビの2人を呼び出すと、「そのタッグのベルトを懸けて、マジラビと闘いたいとずっと思ってた。今私たちにはその権利があると思います。だから、夢の舞台の両国国技館で、ベルトを懸けて闘ってください」と挑戦表明。

 坂崎は「トーナメントで優勝したってことは白昼夢に十分その権利がある。ウチらは1回戦敗退で、だいぶ気を引き締めて、前よりチャンピオンらしく、抜かりなくベルト守っていくから。どっちが強いか勝負しよう」と受諾した。

 バックステージで辰巳は「爆れつとは終わりたくなかった。ずっとやり合っていたかった。向こうは悔いが残ってると思うんです。いっそのこと、のどかは卒業辞めてもらって、何度でも闘いたいと思います。両国でのマジラビとのタイトルマッチ、叶えたい夢だったから。ベルトもまた手に入れたいと思います」と王座奪還を宣言。

 白昼夢のチャレンジを受ける坂崎は「トーナメントを超えてきただけに、見たこともない連係ともあった。トーナメント抜けてきたら、収穫も違うのかなって気もします。私たちは1回戦敗退だから。メッチャ研究しました。もう抜かりはないです。絶対に決めにいくので、両国は私たちがタッグチャンピオンで帰ります」と、瑞希は「一生懸命やって負けたときって一番悔しい。でも、その分いっぱいいろんな作戦とか、話してる長さがとかが増えたから」と防衛を期した。

 一方、敗れた天満は「白昼夢と爆シスの大きな大会での闘いは、きっと東京女子の歴史のなかに残るはずだから」と、愛野は「残るよ。負けたってことは受け入れがたいけど、今この瞬間、今この場所が熱い場所だなって感じた」と悔しさを噛みしめていた。

【大会名】Positive Chain ’22
【日時】2022年2月11日(金・祝)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】536人

▼オープニングマッチ 15分一本勝負
○宮本もか vs 遠藤有栖●
6分2秒 羅生門

▼第二試合 20分一本勝負
○ハイパーミサヲ&桐生真弥&ラム会長 vs 朱崇花&猫はるか&鳥喰かや●
10分36秒 片エビ固め
※ハイパミ・リターンズ

▼第三試合 15分一本勝負
●鈴芽 vs 荒井優希○
11分14秒 片エビ固め
※Finally

▼第四試合 20分一本勝負
沙希様&○メイ・サン=ミッシェル vs らく&原宿ぽむ●
11分54秒 ラ・レボルシオン

▼第五試合 20分一本勝負
山下実優&角田奈穂&●小橋マリカ vs 中島翔子&坂崎ユカ○&瑞希
14分8秒 片エビ固め
※マジカルメリーゴーランド

▼セミファイナル インターナショナル・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>○伊藤麻希 vs 上福ゆき●<挑戦者>
11分37秒 伊藤デラックス
※第7代王者が初防衛戦に成功。

▼メインイベント 第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント決勝戦
○辰巳リカ&渡辺未詩 vs 天満のどか●&愛野ユキ
20分30秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。白昼夢が第2回“ふたりはプリンセス”Max Heartトーナメント優勝。

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事