【DDT】UNIVERSAL王者・佐々木大輔が3・20両国での3WAY防衛戦に自信!KO-D6人タッグ王座獲りも視野に

 DDTプロレスが2月27日、東京・後楽園ホールで「Ultimate Tag League 2022 the FINAL!!」を開催。3月20日の東京・両国国技館でMAO、葛西純を挑戦者に迎え、ハードコア3WAYマッチでDDT UNIVERSAL王座の防衛戦を行う佐々木大輔が同王座戦に自信をみなぎらせた。

 この日、佐々木は藤田ミノル、MJポーと組み、火野裕士、彰人、納谷幸男組と対戦。佐々木が大型の納谷をイス攻撃で蹴散らすと、藤田が彰人に急所打ちを見舞った。すかさず佐々木がミスティカ式クロス・フェースロックで彰人を絞め上げてギブアップを奪った。

 試合後、MAOが入場ゲートのてっぺんに登って挑発するも、佐々木は動ぜず。バックステージで佐々木は「(MAOは)何しに来たんだ? 高いとこに登っただけじゃないのか? 登るだけならMJでもできるぞ。葛西純はいないのか? 昨日、(藤田が)スパイ活動だ。完ぺきに終わってるんだ。葛西純のすべてを把握してるんだよ」と不敵にコメント。

 さらに、佐々木は「佐々木大輔、MJポー、藤田ミノル。3人揃えば俺たちは地球上で最強の集団だ。3人いるんだ。ベルトがあるだろ? 誰が持ってるんだ? (フェロモンズだが・・・)なんであんなヤツらがベルト持ってるんだ? そのベルトに挑戦させろ。アイツらなんか噛み殺してやる」とKO-D6人タッグ王座への挑戦を表明した。

 また、3・20両国の追加カードとして、秋山準、大森隆男組VS樋口和貞、岡谷英樹組、木高イサミ、坂口征夫組VS上野勇希、勝俣瞬馬組、時間差入場タッグバトルロイヤル(出場チーム=橋本友彦&諸橋晴也、高尾蒼馬&翔太、藤田&ポー、火野&納谷、ゴージャス松野&伊橋剛太、アンドレザ・ジャイアントパンダ&スーパー・ササダンゴ・マシン)、岡田佑介、高鹿佑也、イルシオン組VS 小嶋斗偉、石田有輝、エル・ユニコーン組が決定した。

【大会名】Ultimate Tag League 2022 the FINAL!!
【日時】2022年2月27日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】573人(満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
○岡田佑介 vs 石田有輝●
6分34秒 逆エビ固め

▼第二ダークマッチ 15分一本勝負
×男色“ダンディ”ディーノ vs 大和ヒロシ×
5分44秒 無効試合
※今林久弥GMストップ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
大鷲透&○近藤修司 vs 高尾蒼馬●&樋口和貞
9分16秒 片エビ固め
※キングコング・ラリアット

▼第二試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○クリス・ブルックス&高梨将弘<2勝2敗=4点> vs 勝俣瞬馬●&MAO<1勝3敗=2点>
7分3秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼第三試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○HARASHIMA&吉村直巳<3勝1敗=6点> vs 飯野“セクシー”雄貴●&今成“ファンタスティック”夢人<2勝2敗=4点>
12分30秒 ビクトリーロール
※HARASHIMA&吉村がBブロック代表となる。

▼第四試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○竹下幸之介&上野勇希<3勝1敗=6点> vs 遠藤哲哉●&秋山準<3勝1敗=6点>
24分9秒 Plus Ultra
※竹下&上野がAブロック代表となる。

▼第五試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&藤田ミノル&MJポー vs 火野裕士&彰人●&納谷幸男
13分23秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
坂口征夫&●赤井沙希 vs 高木三四郎&雪妃真矢○
12分23秒 片エビ固め
※スノウトーンボム

▼メインイベント Ultimate Tag League 2022優勝決定戦 時間無制限一本勝負
竹下幸之介&●上野勇希<Aブロック1位> vs HARASHIMA&吉村直巳 ○<Bブロック1位>
20分14秒 体固め
※変形正念場。HARASHIMA&吉村がUltimate Tag League 2022優勝、第72代KO-Dタッグ王者組となる。

▼Aブロック公式リーグ戦
樋口和貞&▲岡谷英樹<1勝2敗1無効=2点> vs 近藤修司&平田一喜▲<3敗1無効=0点>
試合不成立

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事