【東京女子】3・19両国でタッグ王座を争うマジラビと白昼夢が共に一歩も引かず!涙の坂崎は「私の最高のパートナーである瑞希がもっとキラキラするために、このベルトを防衛する」

 東京女子プロレスが3月8日、都内のホテルで「GRAND PRINCESS ’22」(同19日、東京・両国国技館)に向け記者会見を開き、プリンセスタッグ王座を争う、王者・マジカルシュガーラビッツ(マジラビ=坂崎ユカ、瑞希)と挑戦者・白昼夢(辰巳リカ、渡辺未詩)が共に一歩も引かない姿勢を示した。

 渡辺は「マジラビのお二人は私にとって最大の壁。今まで戦っても私が負けてしまったことが多くて。自分に足りないものとか、自信がないなって思うこともあったんですけど。今回タッグトーナメントで優勝できて、すごく自信もついたし結果も出せた。今リカさんと一緒なら、どんな壁でもぶち破って勝てるんじゃないかと思ってます。東京女子が両国国技館でできるなかで、私自身も最大の力を出して、最高の試合をしたいなと思います」と自信のほどを垣間見せた。

 辰巳は「白昼夢がまだ名前を付けたばかりの2019年(11月3日)のDDT両国国技館大会で、私たちは初めてタッグのベルトを手に入れました。そのときに花道で見た景色がずっと忘れられなくて、そんな感動をまた未詩と一緒に味わいたい。今の2人なら、当時チャンピオンだったときより、もっとすごいチャンピオンになれるんじゃないかと思ってます。ユカちゃんは一緒に入って。初期から山下(実優)、(中島)翔子も始め、東京女子の軸をつくってきた3人だなって思うし。その3人がいたから、私もここまでやってくることができました。そんな相手と両国に立てるのはうれしいです。みずぴょん(瑞希)は大好きな相手でありまして、今も一途に思ってるんですけど。きっとベルトを獲ったら嫌われてしまうかもしれないって思うんですけど、そんなの気にせず、嫌われる覚悟でベルトを奪い取りたいと思います」とベルト獲りを口にした。

 一方、瑞希は「ユカっち(坂崎)とか始めから東京女子を支えてくれたみんながいたから、こうやって私も両国に立てるんだと思うとすごくうれしいです。でも、だからこそ今を見せなきゃいけない。今を見せた上で未来が気になるって思ってもらわないといけない。私はこのタッグのタイトルマッチ、東京女子の未来をすごく懸けたいなと思ってます。防衛することは絶対だし、トーナメントで負けてしまってるんで、もう負けたくないって気持ちが一番で。必ず防衛した上で、応援してくれた方が笑顔になってくれるような試合がしたいと思います。リカさん、私に嫌われるって。安心してください。私負けないので」と勝利を誓った。

 坂崎は「両国国技館って、東京女子では最初の頃からすると考えられないくらい大きな会場で。成長が図れるような会場で、今の仲間たちと来れたことが何よりうれしいです。仲間と見ているお客さんが両国国技館に私たちを連れてきてくれたんだなっていうのが、日が近づいてくるにつれ実感してます。私の最高のパートナーである瑞希がもっとキラキラするために、このベルトを防衛して。私たちの野望をどんどん突破していって、もっとキラキラな世界、ハピハピな空間に皆さんを連れて行きたいと思います」と涙ながらに防衛を期した。

 白昼夢は20年11月にTOKYO DOME CITY HALLで王座から陥落し、1年以上タッグ王座戦線から離れていたが、渡辺は「TDCホールで落としてしまって、どうしようかと思うことが多くて葛藤したんですけど。去年1年間で白昼夢として一緒に戦うことはなかったんですけど、(辰巳と)シングルしたり、それぞれで戦ったり。タッグトーナメントも優勝できたので、今が一番じゃないかと思ってます」、辰巳は「私も同じ気持ち。実力をつけてきて、タッグトーナメント優勝っていう結果も出してますし。東京女子初の両国国技館という大きい舞台でマジラビと戦えるというのは絶好のチャンスだと思うので、絶対に逃したくないです」とコメント。

 タッグとして、相手チームに負けない点、警戒している点について、渡辺は「私の強みはパワーかなって思うんですけど。大きい会場でジャイアントスイングで回して勝ちにつなげられたらなって思う。お二人は割と何でもできて、細かい早い動きも全部できるので。自分のペースにもっていくのが難しいなって思うんですけど。あと少しの期間で自分がやれることを最大にできたらなって思います」、辰巳は「マジラビはトータルで言ったらバランスのいい選手。苦手な面もあるんですけど、ユカちゃんとはシングルで何度も戦って、私は勝ってきてるので“天敵”になるのかなって思ってます。みずぴょんはテクニカルな部分はあるんですけど、体重がホントないようなものなので。実質2対1みたいな感じなので、勝ってるかなって思います」と話した。

 瑞希は「負けてない部分で言ったら、圧倒的に一緒にいる時間。そもそもあまり言葉を交わさなくても、試合で息が合うことが多かったのに加えて、気持ちまで合うようになったっていうのがあります。白昼夢とはあまり対戦をしてこなかったし、リカさんとカードが組まれてこなかったのもあって、未知な部分が多い。未詩ちゃんはすごいパワーがあって、苦手だけど好きなタイプで。リカさんとは最近戦えるようになって、ワクワクするようになりました」、坂崎は「負けてない部分で言うとすべて。リカに関してはちょっと苦手意識があって、かなりやりにくいなと思ってます。リカは感情タイプで、何をしでかすか分からない。未詩はクソマジメで陰ながら努力してる部分も見てるし、負けず嫌いって部分では光るものがあって、警戒する部分ではあります。2人は連係が取れてるかって言ったら、取れてないと思うんです。リカの暴走に未詩が付き合ってる形で統制が取れてる状態。そこを突けばマジラビの絆に勝てるわけない。手堅く絶対にマジラビが勝利をつかみます」と分析していた。

GRAND PRINCESS ’22
日時:2022年3月19日(土)開場13:00開始14:00
会場:東京・両国国技館

セミファイナル プリンセスタッグ選手権試合
<王者組>坂崎ユカ&瑞希 
vs 
<挑戦者組>辰巳リカ&渡辺未詩
※第9代王者組2度目の防衛戦。

大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/16907

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事