【ZERO1】田中将斗が杉浦貴との激闘を制し世界ヘビー奪還「いつか大谷晋二郎がこのベルトにチャレンジする時は必ず俺がベルトを持ってる」

プロレスリングZERO1は6月4日(土)、東京・大田区総合体育館にて「押忍PREMIUM ONE TEAM ZERO1! 大谷晋二郎エイド‼︎何度でも立ち上がれ!」を開催。

今大会では4月10日『 押忍PREMIUM両国国技館 ZERO1・20周年&21周年記念大会』のメインイベントにて負傷し頸髄損傷と診断を受け、現在治療・リハビリに取組んでいる大谷晋二郎の為のエイド大会として各団体から58選手が参戦し開催された。

今大会の売上から諸経費を引いた全額が大谷の支援金としてご家族へおくられる。

メインでは『世界ヘビー級選手権試合』が行われ王者・杉浦貴に田中将斗が挑戦。

大激闘を展開し最後に田中がスライディングDで勝負を決め、杉浦から世界ヘビーを奪還。

試合後、田中は杉浦に感謝のコメントを述べた。

<試合結果>

▼第10試合 『世界ヘビー級選手権試合』30分1本勝負
〈王者〉杉浦貴×
vs
〈挑戦者〉田中将斗◯
24分42秒 スライディングD→片エビ固め
※田中将斗が新王者となる。

■試合後、工藤めぐみGMからマイクを向けられた田中将人がコメント

田中「いやホントにベルトを取った嬉しいのはちょっと置いといて、今日は本当にこの大会にご来場頂いた皆さん、本当に有難うございました。そして杉浦さん、俺にとっては大谷もそうやし、杉浦さん、あなたも俺にとっては欠かせないんです。今日、このリングのメインに上がっていただいて、本当に有難うございました。本当に色々思うことはあったかと思うんですけど、リング上の杉浦さんはいつもと変わらず俺にヒジをぶつけてきてくれて本当に感謝しております。今日、杉浦さんから取ったベルト、俺が必ず大事にして、また杉浦さんとやるから。そして、いつか大谷晋二郎がこのベルトにチャレンジする時は、必ず俺がベルトを持ってる。それは何年後かになるかもしれへんけど、俺はその時まで現役続けるつもりでいるし、絶好調の体作ってリングに上がり続けます!」

■試合後バックステージコメント

 

<写真提供:プロレスリングZERO1>

▼大谷晋二郎応援募金サイト
https://otanishinjiro.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事