【東京女子】初V期す山下実優が「東京プリンセスカップ」ベスト8進出決めた!「気を抜かず角田をしっかり倒して勢いづいていければ」

 東京女子プロレスの夏のシングル最強決定トーナメント「第9回東京プリンセスカップ」が7月18日、東京・両国KFCホールで3日目を迎えた。優勝候補の一角で初Vを目指す山下実優は2回戦でらくを破ってベスト8進出を決め、同31日、東京・大手町三井ホールでの準々決勝で角田奈穂と対戦する。

 山下の入場時、らくはリング上に枕を置いて寝込んで幻惑。ゴングが鳴って、山下がのぞき込むと、らくが首固めで丸め込んだ。

 山下に返されると、らくはおやすみエクスプレスから枕で殴った。これで目が覚めたか、山下は蹴り、コブラクラッチで攻めていくも、らくもフェースバスター、脳天チョップ、フロント・ネックロックで反撃。

 山下はリターン・クラッシュ、串刺し式のハイキックを叩き込むも、らくも脳天チョップ連打で返した。

 らくはハリケーンターンからドクターイエローを狙うも、一瞬の隙を突いた山下がSkull Kickを叩き込んで勝負を決めた。

 変則ファイターのハイパーミサヲ、らくから連勝した山下は「もういけるんじゃないかと思ってます。次は角田。去年1回戦で勝ってるんですけど、そこからどんどん強くなってると思うので。気持ち的には乗ってきてるんで、気を抜かずにしっかり倒して、もっと勢いづいていければなと思ってます」とコメント。

 らくは「メチャクチャ強かったです。久しぶりに(山下と)シングルやって。私の人生が変わったのは、山下さんとの初めてのシングルだったので。山下さんとシングルするときは、人生のターニングポイントになることが多くて。負けちゃったので、まだまだ頑張りたいと思います」と前を向いた。

【大会名】東京プリンセスカップ
【日時】2022年7月18日(月・祝)
【会場】東京・両国KFCホール
【観衆】251人

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
辰巳リカ&渡辺未詩&●猫はるな vs 伊藤麻希○&上福ゆき&桐生真弥
12分26秒 伊藤パニッシュ

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
中島翔子 vs ○角田奈穂 vs 遠藤有栖●
10分25秒 体固め
※紫電改

▼第三試合 20分一本勝負
坂崎ユカ&瑞希&○鈴芽&宮本もか vs ハイパーミサヲ&愛野ユキ&原宿ぽむ&鳥喰かや●
12分52秒 片エビ固め
※リングアベル

▼セミファイナル トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
○山下実優 vs らく●
9分23秒 エビ固め
※Skull kick

▼メインイベント トーナメント2回戦 時間無制限一本勝負
○乃蒼ヒカリ vs 荒井優希●
10分44秒 ブリザード・スープレックス・ホールド

〈写真提供:東京女子プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事