【DDT】高梨将弘が岡田佑介を破りUNIVERSAL王座初V!8・20大田区で元王者の上野勇希が挑戦

 DDTプロレスが7月24日、東京・後楽園ホールで「Summer Vacation 2022」を開催。DDT UNIVERSAL王者・高梨将弘が岡田佑介の挑戦を退け、初防衛に成功。8月20日、東京・大田区総合体育館で元王者の上野勇希が挑むことが決まった。

 岡田はトペ・スイシーダ、ミサイルキックと先制攻撃も、足にマトを絞った高梨は足4の字固め、サソリ固めでジリジリと追い込んだ。

 

 レフェリーを巧みに利用した高梨は岡田にペースを握らせず。

 岡田もインターセプト、ダイビング・ヘッドバット、バックドロップ連発で活路を見出そうとするも、高梨がトラースキックからタカタニックを決めて3カウントを奪った。

 高梨は防衛した場合、次期挑戦者に上野を指名していたが、この日は欠場のため、今林久弥GMより、「欠場させていただいてる身ですが、王者から指名してもらったなら断る理由はありません。ぜひ挑戦させてください」とのメッセージが読み上げられ、タイトル戦が決定した。

 希望がかなった高梨は「上野、これは俺によるDDTでの挑戦ロード。そして、その道で絶対に外せない相手がオマエだって、このベルトを獲ったときから思ってたんだ。もしかしたらオマエがデビューしたときから、ずっとどこかでいつかコイツと、そういう舞台でやるだろうと感じさせた選手がオマエだ。オマエとの初シングル。大田区で、このベルトを持って待ってるからな」とマイク。

 バックステージで高梨は「上野、俺が言った新しい世代、それを象徴する一人。アレを倒したら、新しい世代とも一巡したことになるんじゃないのか? そしたら、外に散らばってった新しい世代ってヤツがいるだろ。大田区に久しぶりに里帰りするヤツもいるじゃねぇか。そういうヤツもチャンピオン権限で目を向けて指名させていただきたいと思ってるよ」とプランを明かした。

【大会名】Summer Vacation 2022
【日時】2022年7月24日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】624人

▼オープニングマッチ 大石真翔復帰戦 30分一本勝負
大石真翔&●平田一喜 vs 彰人&ヤス・ウラノ○
0分14秒 首固め
▼再試合 30分一本勝負
大石真翔&●平田一喜 vs 彰人○&ヤス・ウラノ
5分54秒 アンクルホールド

▼第二試合 2vs3ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
火野裕士&○納谷幸男 vs アントーニオ本多●&赤井沙希&イルシオン
7分29秒 拷問式コブラツイスト

▼第三試合 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&今成“ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎&大鷲透&伊橋剛太●
9分46秒 ケツゴェ

▼第四試合 30分一本勝負
●佐々木大輔&MJポー&KANON vs 青木真也&勝俣瞬馬&エル・ユニコーン○
12分36秒 反則勝ち
※マスク剥ぎ

▼第五試合 遠藤哲哉復帰戦~スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&クリス・ブルックス vs HARASHIMA&坂口征夫&高尾蒼馬●
16分24秒 エビ固め
※バーニングスター・プレス

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○高梨将弘 vs 岡田佑介●<挑戦者>
10分55秒 エビ固め
※タカタニック。第7代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>●MAO&朱崇花 vs 樋口和貞○&吉村直巳<挑戦者組>
20分7秒 エビ固め
※ブレーンクロー・スラム。MAO組が初防衛に失敗、ハリマオが第75代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事