【PURE-J女子プロレス】『PURE-Jアワード2017』MVPは中森華子!藤ヶ崎矢子が特別賞!

◇PURE-Jアワード2017が決定

・MVP 中森華子
総評:一年を通しJWP最後の無差別級王者、PURE-J初代無差別級王者として活躍。
PURE-Jを背負う悲壮なまでの覚悟と来年への期待を見せつけた。

中森のコメント「ベルトをなくしてしまったばかりですし、一年通しても
私がいただいて良いのだろうかという気持ちもありますが、選んでいただき光栄に思います。
この賞に恥じぬよう来年は転生した中森華子でいきます。
投票して下さった方々、本当にありがとうございました!!

・特別賞 藤ヶ崎矢子
総評:他団体にも積極的に出てPURE-Jを広めた。

藤ヶ崎のコメント「初めて特別賞をいただけてすごく嬉しいです!
投票してくださったファンの皆さんの期待に応えられるよう来年も頑張りますので応援よろしくお願いします!」

・ベストバウト賞 <12月17日・後楽園ホール 中森華子vsDASH・チサコ〉
総評:両選手の団体を背負って戦った試合が多くの支持を集めた。

中森のコメント
「デビューしてから11年半の中で、この試合が1番悔しい試合でした。
そして1番覚悟とは何かを考え、沢山の想いがある試合なのかもしれません。
来年はどの試合もベストバウトだ!と思っていただけるような熱い試合をし
来年のベストバウ ト賞は勝った試合で狙いたいです!

・エネミー賞
DASH・チサコのコメント
「選んでくださいました皆様ありがとうございます。
十文字姉妹でも1度受賞したエネミー賞も頂けたと言うことで嬉しく思います。
来年もまだまだPURE-Jの最大の敵としていって、乗り込んでかき回していきたいと思います。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事