『10.7 昭和の新日本プロレスが蘇る日』開催直前企画 ケンカしてこそ道は開く! “過激な仕掛け人”新間寿 独占インタビュー。

ケンカしてこそ道は開く!

「10・7昭和の新日本プロレスが蘇る日」を主宰する“過激な仕掛け人”新間寿独占インタビュー!

幻の「8・26夢のオールスター戦」の上映決定!

(取材・文:安田拡了)

 img_8828

 

10・7「昭和の新日本プロレスが蘇る日」(後楽園ホール)が間近に迫ってきた。

すでに催しの内容が発表されているが、昭和の新日本プロレスをアントニオ猪木とともに作り出してきた新間寿元祖仕掛け人が実行委員長だけに当日はさらに何が飛び出すかわからない。と、思っていたら、今回の取材で早くもビックサプライズが飛び出した! 

なんと「三団体夢のオールスター戦(1979年8月26日、日本武道館)を上映する!」(新間)というのだ。このオールスター戦の試合映像は当時テレビ局がニュース扱いのみだったためにお蔵入りしており、いまだに試合映像は世に出回っていない。

私も死ぬまでに絶対見ておきたかった。そのお宝映像(テレビ局の映像ではない)が見られるのだから、私個人としても10・7「昭和の新日本プロレスが蘇る日」はすごい日となった。

イベントの内容は名勝負の上映会、トークバトル、交流イベント、お宝展示などだが、あらためて新間寿実行委員長に昭和の新日本プロレスへの熱い思い、そして今回、上映することになった「8・26夢のオールスター戦」や「アリvs猪木」のシリアスな舞台裏などを語ってもらった。

これまで何度もインタビューしてきたが、つくづく思う。いざという時、喧嘩できる人間こそが道を開くことができるし、喧嘩とは情熱と信念を持つ人間力なんだということが、10・7で証明されることだろう。

 ⇒次ページに続く!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

Pages 1 2 3 4 5