『10.7 昭和の新日本プロレスが蘇る日』開催直前企画 ケンカしてこそ道は開く! “過激な仕掛け人”新間寿 独占インタビュー。

 30-dsc_0685

  • 幻の「8・26夢のオールスター戦」が上映!

 

上映会では猪木をはじめ、坂口征二、藤波辰爾、長州力、タイガーマスクほか昭和史に残る名勝負を一挙に公開するとともに幻の「8・26夢のオールスター戦」も上映される。三団体の選手が一同のもとに会し、さらに猪木・馬場のBI砲タッグ。東京スポーツ新聞社の20周年記念行事でなければ、絶対にできなかったのが「8・26夢のオールスター戦」。それだけでも素晴らしい記念日となりそうである。さて、そのオールスター戦の裏舞台も気になる。それは団体間の競争でもあっからだ。特に新間の交渉力は新日本という“愛国心”から生まれた強いものだった。

 

「要するに馬場さんが、うんと返事をしなかった。これまで執拗に馬場さんに対して私とアントニオ猪木は「挑戦」してきた。三団体のオールスターをやるんなら、そういう方向性をあらためてくれと。だから私は馬場さんに「不愉快な言動をしたことについては申し訳なかったと思っています。謝罪させていただきます」と馬場さんに頭を下げたんですよ。馬場さんも、そういうことならということで正式に記者会見が行なわれた。これには新日本から立会人として二階堂進コミッショナー、全日本からはPWFのロード・ブレアーズ会長、そして東スポ本山社長が立った。さあ、それからですよ。経費とかキップの販売もありますし、テレビ放送とかね。

テレ朝の新日本の放送は金曜日。馬場さんのところの日本テレビは土曜日放送。テレビ同士の話し合いがまったくつかない。テレビの問題はテレビ同士で解決してくれということになった。あとは経費とかマッチメークの問題。だから分業にしましたよ。テレビ放送問題はテレビで。マッチメークに関しては馬場、猪木、吉原社長の三者で決める。会場の件に関しては、私と全日本の米沢、国際の鈴木。そして東スポの櫻井さんの4人で決めましょうとなった。で、東スポに行って、その会議を行なうことになった。櫻井さんが会議の前に「新間さん、どういう形を考えている? 髙橋さん(東スポの髙橋編集局長)に事前に言っておくから」と聞いてきた。だから私はこう言った。

『櫻井さん、私は一歩下がって5割欲しい。新日本が5で全日本が3、国際が2だ。いま、一番、団体として勢いがあるのは新日本だから。しかし、今回、馬場さんのオールスター戦に気持ちよく引き受けてくれたことに対して、誠意をみせなきゃいけない。だから、キップの配分は4:4:2という形でどうですか』と言った。それで売り場も新日本、全日本、国際の売り場を決めて分けようということを提案した。そのあとで三者(新間、米沢、鈴木)が集まった。

でね、私が「キップの配分を4:4:2だと言ったら、国際の鈴木が立ち上がって猛反対。『冗談じゃない。オールスターというからには3団体が出るんだから平等にやってほしい』と。

しかし、私は新日本の代表として言いましたよ。『じゃあ、公平、公正というところから、いまの新日本、全日本に太刀打ちできるんですか。観客動員や雑誌や新聞の紙面の取り扱いからしても国際は少ないじゃないかと。どういうふうにみても4:4:2の割合でしかないじゃないですか。私からすれば国際の割合は1でもいいが吉原社長に敬意を表して2と言っているんですよ』と話した。結果的に私が仕切る形で4:4:2の割合となったんです」。あらためて思うけど、私の喧嘩というのは私利私欲じゃない。すべてアントニオ猪木と新日本のための喧嘩だった。だから意見が通ったんだと思うんだよ。

⇒次ページへ続く!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3 4 5