【WWE】ヒデオ、アリとの対峙回避して嘲笑う

現地時間828日、カナダ・オンタリオ州トロントでスマックダウン、205 Liveが開催された。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

◆ヒデオ、アリとの対峙回避して嘲笑う

205 Liveでムスタファ・アリと抗争中のイタミ・ヒデオが地元出身のマイケル・ブレイズと対戦した。

ヒデオは格下相手にビックブーツで吹き飛ばしてファルコンアローで沈めたが、自らカウント2で相手の頭を掴み上げてフォールを回避。

さらにドラゴンスリーパーの体勢から強烈なヒザを食らわせるも、これもカウント2で相手を持ち上げた。

ヒデオが相手を痛みつけて不敵に笑っていると、突然抗争中のムスタファ・アリが登場。

ヒデオはアリがリングに上がるとすぐさま場外に回避。

かかってこい!」と叫ぶアリを嘲笑うとヒデオはバイバイポーズをしながらリングを後にした。

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事