【WWE】ヒデオ、戸澤のクルーザー級王座奪取ならず

現地時間127日にアリゾナ州フェニックスのチェイス・フィールドにてPPV「ロイヤルランブル」が開催された。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ヒデオ、戸澤のクルーザー級王座奪取ならず

PPV「ロイヤルランブル」キックオフショーにて205 Liveで活躍する日本人スーパースター、ヒデオ・イタミと戸澤陽がクルーザー級王者バディ・マーフィーにフェイタル4ウェイ戦で挑戦した。

試合序盤、戸澤がマーフィにオクトパスホールドやドロップキックを決めればヒデオも手招きで王者を挑発すると得意の打撃で攻め込んだ。

試合終盤には戸澤はカリストに風車蹴り、マーフィーに騙し討ちパンチを決めるも、マーフィの強烈なヒザで反撃されてダウン。

ヒデオも必殺技を狙ったが、逆にマーフィのマーフィーズ・ローを食らって3カウント。

ヒデオ悲願の初王座戴冠、戸澤の王座返り咲きは敵わなかった。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事