【プロレスのある風景 Vol.29|榎本タイキ】

ジャイアント馬場さんの面影を感じて

『ジャイアント馬場没20年追善興行』が近づいてきました。夢の組み合わせや馬場さんゆかりの選手が続々参戦するなど見どころが満載。

僕は新日本プロレスからファン歴を始めたので、実は生でジャイアント馬場さんの試合を観たことがありません。あとからビデオなんかで見まくりました。

馬場さんの大きさやダイナミックスさを間近で体感して見たかったなとことあるごとに思います。そんな気持ちも含めて2019年はいろんな形で馬場さんを感じたいです。

そう、追善興行にアントニオ猪木さんの来場も決まったようですね。BI砲もときを超えて触れることができそうで楽しみです!

 

榎本タイキ

プロレスファン歴30年以上のイラストレーター。愛と感謝を込めてプロレスイラストを描いています。

著書『プロレス語辞典(監修・高木三四郎 誠文堂新光社)』

Facebookページにて『プロレスリング・イラストレーション』更新中!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事