【DDT】11.3 両国『Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~』全試合結果!ケニー・オメガが5年ぶりに登場!HARASHIMAが2冠王に!白昼夢、高梨、坂崎が王座獲得!石井、DAMNATIONが防衛!

3日、東京・両国国技館でDDT『Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~』が行われた。その名の通りDDTグループの各ブランド(DDT/BASARA/東京女子/ガンバレ☆プロレス)が入り乱れてアンダーマッチを含む全14試合を展開した。

アンダーマッチではアイアンマンヘビーメタル級選手権試合が王者イスで始まり平田一喜が最終的に王座を獲得。高木三四郎は木髙イサミとプラケース100個マッチで社長の大人げなさを継承。KO-D10人タッグでは飯野雄貴が父親の思いを背負い逆転トライしディーノ組が第2代王者に。

ガントレットタッグマッチはノーチラス(上野勇希&吉村直巳)が勝利。インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級は阿部の挑戦を石井がはねのけ防衛。UWA世界6人タッグ選手権3WAYマッチではBASARA組が勝利。

プリンセスタッグ選手権試合ではNEO美威獅鬼軍を辰巳リカ&渡辺未詩の白昼夢が倒し6代王者となった。KO-Dタッグ選手権試合~4WAYハードコアマッチではカリスマ佐々木大輔がラダー上のテーブル上でクロスフェースを決めDAMNATIONが防衛。

ユニオンMAX選手権試合は挑戦者の高梨が関根をタカタニックで破り第13代王者となった。プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合は王者・中島翔子を挑戦者・坂崎ユカがマジカル魔法少女スプラッシュで破り7代王者となった。

セミファイナルにはケニー・オメガがAEW女子王者の里歩を伴い5年ぶりにDDTマットに登場。アントーニオ本多と山下実優とのミックスドマッチを片翼の天使で制した。メインイベントKO-D無差別級&DDT EXTREME級両選手権試合ではKO-D無差別級王者の竹下幸之介がEXTREME王者のHARASHIMAの腰を徹底的に攻めるもリバースフランケンシュタイナーから逆転しHARASHIMAが蒼馬刀で勝利。2冠王となった。

試合結果は連続写真と共に下記をご覧ください。

【大会名】Ultimate Party 2019~DDTグループ大集合!~
【日時】2019年11月3日
【会場】東京・両国国技館
【観衆】5869人(超満員札止め)

▼第一アンダーマッチ 20分一本勝負
松永智充&渡瀬瑞基&●中村圭吾 vs 風戸大智〇&神野聖人&鷲田周平
6分58秒 片エビ固め
※爆発的なアックスボンバー

▼第二アンダーマッチ 東京女子プロレス提供8人タッグマッチ 20分一本勝負
○乃蒼ヒカリ&YUMI&桐生真弥&鈴芽 vs らく&原宿ぽむ●&猫はるな&舞海魅星
8分22秒 片エビ固め
※裏投げ

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●翔太 vs イス○<挑戦者>
14時30分 体固め
※翔太が防衛に失敗、イスが第1433代王者となる。

試合開始前、王者であった翔太の上にイス2つが重なっておりイスの上のイスが王者に

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●イス vs イス○<挑戦者>
14時31分 体固め
※イスが防衛に失敗、イスが第1434代王者となる。

▼第三アンダーマッチ アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場バトルロイヤル 時間無制限勝負


【試合経過】

①○翔太<5>/○平田一喜<2> vs ポコたん●<4>
4分57秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○翔太 vs ヨシヒコ●<3>
4分41秒 オーバー・ザ・トップロープ


③<王者=1>●イス vs 上福ゆき○<挑戦者=6>
5分51秒 グラビア式体固め
※イスが防衛に失敗、上福が第1435代王者となる。


④<王者>●上福ゆき vs SAGAT○<挑戦者=9>
8分55秒 逆さ押さえ込み
※上福が防衛に失敗、SAGATが第1436代王者となる。


⑤<王者>●SAGAT vs ゴージャス松野○<挑戦者=11>
13分29秒 体固め
※SAGATが防衛に失敗、松野が第1437代王者となる。


⑥○大鷲透<10> vs 白川未奈●<7>
13分56秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑦○翔太 vs HARUKAZE●<8>
13分57秒 オーバー・ザ・トップロープ

ゴージャス松野は歌いながら無双状態。歌ってる間はどんな技もかわして寄せ付けない。

⑧○ゴージャス松野/○平田一喜 vs 大鷲透●/翔太●
14分21秒 同時オーバー・ザ・トップロープ

しかし歌い終わるやいなやGSエルボーを外し平田に丸め込まれてしまう。
⑨<王者>●ゴージャス松野 vs 平田一喜○<挑戦者>
15分20秒 片エビ固め
※ゴージャススターエルボー自爆から押さえ込む。松野が防衛に失敗、平田が第1438代王者となる。< >内は入場順。

平田は試合後、副賞を授与にきたスポンサーに襲われるも辛くも逃れベルトを守る

▼オープニングマッチ プラケース100個マッチ 30分一本勝負
●高木三四郎 vs 木髙イサミ○
5分49秒 片エビ固め
※勇脚・斬

リング上に敷き詰められた無数のプラケースを激しく割り合った高木とイサミ

BASARAとして独立するイサミにDDTのフラッグの前でない場所で握手しようと高木

▼第二試合 第2代KO-D10人タッグ王座決定戦 60分一本勝負
男色ディーノ&朱崇花&○飯野雄貴&瑞希&トランザム★ヒロシ
vs
スーパー・ササダンゴ・マシン●&まなせゆうな&黒潮“イケメン”二郎&大和ヒロシ&大石真翔
13分43秒 体固め
※スピア。ディーノ組が第2代王者組となる。

トランザム★ヒロシのヨガ殺法にとまどうササダンゴ・マシン

飯野が大石真翔を抑えつけるとエトピリカ発動

大石が産まれてくる我が子の名前の候補に悩んで試合に集中できないと独白(ちなみに悩んでいる候補は彩笑・さえ、窓楓・まどか、蒼空・すかいの3つ)

ササダンゴ軍に次々技をかけられた飯野にもエトピリカが発動

プロレスラーになることに反対していた飯野の父親が登場。負けることにはもっと反対、飯野の名前の由来はYOU KILL HIM(雄貴)だと説明

勇気をもらった飯野はスローモーション中に逆転トライ

同じチームで再度トライしたくもイケメンがアメリカに行くため難しいとササダンゴ軍

ピンクのベルトを朱崇花・瑞希・ディーノで取り合うディーノ軍。結果、飯野とヒロシが2本ずつ肩にかけることに

▼第三試合 ガントレットタッグマッチ 各30分一本勝負
【試合経過】
①○坂口征夫&中津良太 vs 勝村周一朗&岩崎孝樹●
3分55秒 エビ固め
※神の右膝
②●坂口征夫&中津良太 vs 天満のどか&愛野ユキ○
1分52秒 オーバー・ザ・トップロープ
③天満のどか&●愛野ユキ vs クリス・ブルックス&伊藤麻希○
2分56秒 片エビ固め
※フライング・ビッグヘッド


④クリス・ブルックス&●伊藤麻希 vs 上野勇希○&吉村直巳
2分35秒 十字架固め


⑤上野勇希&○吉村直巳 vs 納谷幸男●&コーディ・ホール
4分29秒 片エビ固め
※ラリアット

勝利したノーチラスは同ユニット(ディザスターボックス)でメインに出場のHARASHIMAに勢いをつけたと自負

▼第四試合 インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○石井慧介 vs 阿部史典●<挑戦者>
7分26秒 片エビ固め
※桃色ニールキック。第29代王者が初防衛に成功。

全日本の世界ジュニアとの2冠王抗争を描いていた阿部は切り替えると話す

▼第五試合 UWA世界6人タッグ選手権3WAYマッチ~ノータッチルール
30分一本勝負
<王者組>○塚本拓海&ヤス・ウラノ&中野貴人
vs
遠藤哲哉&マッド・ポーリー&島谷常寛●<挑戦者組>
vs
大家健&今成夢人&ミス・モンゴル<挑戦者組>
9分9秒 片エビ固め
※ドラゴンキッカー。第64代王者組が初防衛に成功。

敗北したDAMNATIONの島谷はDAMNATION及びDDTからの離脱を示唆

▼第六試合 プリンセスタッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>沙希様&●操 vs 辰巳リカ○&渡辺未詩<挑戦者組>
13分46秒 片エビ固め
※ミサイルヒップ。沙希様組が4度目の防衛に失敗、白昼夢が第6代王者組となる。

トップロープからのミサイルヒップで操から辰巳リカが勝利

バックヤードで落ち込む操にバラの花束を叩きつけ怒る沙希様

散々ののしられてきたNEO美威獅鬼軍に勝利して涙する未詩と初ベルトに涙する辰巳

▼第七試合 KO-Dタッグ選手権試合~4WAYハードコアマッチ 60分一本勝負
<王者組>○佐々木大輔&高尾蒼馬


vs
彰人&勝俣瞬馬<挑戦者組>

勝俣は彰人の「別人を連れてくる・別人に変えてくる」発言通りJOKERスタイルで登場
vs
FUMA&久保佑允<挑戦者組>


vs
藤田ミノル&下村大樹●<挑戦者組>


13分24秒 クロス・フェースロック
※第66代王者組が8度目の防衛に成功。

ブロック付きバットでしばこうとするJOKER勝俣

ラダー上の机にのりアピールするもこの後カリスマのイス投げにより落とされるJOKER勝俣

ギターで下村をしばきたおし最後はクロスフェースを決めカリスマが勝利

▼第八試合 ユニオンMAX選手権試合 30分一本勝負
<王者>●関根龍一 vs 高梨将弘○<挑戦者>
9分59秒 エビ固め
※タカタニック。関根が3度目の防衛に失敗、高梨が第13代王者となる。

関根のこだわり「レッツコンバイン」は高梨が完璧に対応。2度のトライもいずれも切り返された

最後はタカタニックを決めて高梨が勝利

ベルトを奪われた関根は自身消失

ベルトを奪った高梨はリング上で顔を合わせたイサミを意識。防衛を重ねていずれはBASARAのリングで関根ともう一度対戦すると明言

▼第九試合 プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合 30分一本勝負
<王者>●中島翔子 vs 坂崎ユカ○<挑戦者>
14分12秒 片エビ固め
※マジカル魔法少女スプラッシュ。中島が4度目の防衛に失敗、坂崎が第7代王者となる。

▼セミファイナル 総研ホールディングス presents ドラマティック・ドリームマッチ 30分一本勝負
○ケニー・オメガ&里歩 vs アントーニオ本多●&山下実優
21分22秒 片エビ固め
※片翼の天使

ケニーは登場時にDDT時代の映像が時計と共に巻き戻しされ花火が上がる中、堂々登場

お馴染みのムーブメントを次々に繰り出すケニー・オメガ。ターミネーターリズムでダイブ

対するアントーニオ本多は得意のごんぎつねで抵抗

里歩はコーナー上のケニーと山下の背中を踏み越えてアントンにダイビングフットスタンプ

ラストは片翼の天使でフィニッシュ

ケニーはマイクで久々のDDTマットを懐かしんだ。またやりたい、いつかと話すとファンも歓喜の渦

敗北したアントンと山下は悔しがる

ケニーと里歩はDDTに限らずアジアをミクスドマッチで席巻していきたいと野望を話す。その中でAEWに出場する女子選手を直接手を合わせてスカウトしていきたい意向だ。

▼メインイベント BLACK OUT presents KO-D無差別級&DDT EXTREME級両選手権試合 60分一本勝負
<KO-D王者>●竹下幸之介 vs HARASHIMA○<EXTREME王者>
25分38秒 体固め
※蒼魔刀。竹下がKO-D無差別級王座3度目の防衛に失敗、HARASHIMAが第73代KO-D無差別級王者になるとともに第47代DDT EXTREME級王座初防衛に成功。

竹下は再三に渡ってHARASHIMAの腰を痛めつける。ウォールオブタケシタでのタップ狙いだ

試合後半、追い詰められたHARASHIMAがトップロープからリバースフランケンシュタイナーで形勢を逆転

最後は蒼馬刀でフィニッシュ

エンディングで悔しがる竹下と握手・抱擁を交わす2冠王HARASHIMA

HARASHIMAのEXTREMEのベルトを祝福とみせかけて奪いに来たDJニラはつまみだされた

ディザスターボックスのメンバーでHARASHIMAを祝福

HARASHIMAは2冠王としてDDTをこれからも導いていく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事