【編集長インタビュー】「目指すは世界一のスゴイおっさん」とZERO1ジュニアの重鎮・日高郁人が表明

 

――新たな一歩は「天下一ジュニア」。今年は第三回大会以来のリーグ戦で争われます。狙いは4回目の優勝ですね

 

日高 実は参加選手の年齢が高いんです。「スゴイおっさん」ぶりを競い合って勝ちたいですね。昔は、何も考えずに、やみくもに飛んでいたけど、今は色んなバランス、配分を考慮して戦っている。もとろんスピードがなくなった訳ではないですよ。コンディションも見た目でも「スゴイおっさん」同士で若い人たちに、負けたくないです。

 

 

 

――高岩竜一選手も9年ぶりにZERO1所属となりました

 

日高 リーグ戦初戦(4月1日、東京・新木場大会)で敗れてしまった。この9年間、ZERO1のジュニアを守ってきたつもりだった。なのに戻ってきた高岩選手にいきなり、やられてしまった。「このヤロー」と自分自身に腹が立った。

 

 

――大谷晋二郎、高岩竜一、田中稔そして日高郁人は1972年生まれの同級生。まさに「スゴイおっさん」対決ですね

 

日高 だからこそ、いよいよ悔しい。高岩選手も田中稔選手も大谷選手も「スゴイおっさん」。僕もそうなりたいし、負けたくない。

 

――大谷選手、田中稔選手は違うAブロック。決勝戦(4月26日、東京・後楽園ホール大会)に互いに勝ちあがらないと、今リーグ戦では当たりません

 

日高 大谷選手がTwitterで盛んに絡んでくる。最初は「うるさい」と、返していたんですが…。いつの間にか、他の選手も加わっている。Twitterでの「舌戦」でも「スゴイおっさん」ぶりを発揮して、連戦連勝といきたいですね。シングルだけではなく、ジュニアタッグでもZERO1ジュニアを盛り上げていきたい。タッグ戦もジュニアの華ですからね。やるべきことが、たくさんあります。

 

――「島根」もですね。「砂丘はねえ」Tシャツは最高です

 

日高 どんどん発信していきたい。出身地・島根県益田市の「名誉市民」も目標です。毎年「日高祭(ヒダカフェス)」を開催できるように、これからも頑張ります。「スゴイおっさん」は不滅です。

 

 

「スゴイおっさん」が揃った「天下一ジュニアリーグ戦」を制し、さらなるステージアップを目指す日高。ゴールは「世界一スゴイおっさん」の称号獲得だ。  

 

(撮影:二瓶隆弘)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2