【リアルジャパン】7月3日『原点回帰プロレス』全対戦カード発表!

記者会見の席で、大会プロデューサーの新間寿会長は「3月29日に開催させていただきましたマスコミと主催者側が一体になった試合ほど
面白いものは無い。

実際この間の取材者が全員マスクをかぶった。

非常に面白いことだった。毎日新聞にも取り上げられ多くの共感を得ました。

マスコミの人と一緒になって考えるということが私は一番面白く、一番話題を提供できるのではないかと考えています。

新しいアイディア、新しいメンバーで7月3日を試みたいと思っています」

と挨拶し、続いて新間寿恒海外国際部長から対戦カードが発表されました。

対戦カードの発表の後、

新間部長は

「(トーナメントの)UWA招待選手は、中南米の刺客(初代)、ブラック・タイガーの意志を継いだイホ・デ・ブラックタイガーと、欧米からの刺客で、先代の血を継ぐブラックタイガー・ジュニアを送り込む。私はどちらかといえばUWA側の人間なので、決勝戦はこの二人で争って欲しいという希望がある。」
と語りましたが、リアルジャパンプロレスとしては、そう易々と主役の座を海外選手に譲るわけにはいきません。
スーパー・タイガーにとって負けられない、試練のトーナメントになることでしょう。

佐山サトル総監は

「原点回帰ということで、どこまで昭和のプロレスに戻せるのか、どこまで全盛期の時代に戻せるのか、新間プロデュースによってこれが決まります。一番スペクタクルなものここで出せるかどうか、ここにかかってると思います」

と、原点に回帰しつつ、皆様を惹きつける新たなプロレスを実現していく方針を示しました。

本記者会見にはスーパーデストロイヤー選手、KAZMASAKAMOTO選手、岩崎孝樹選手、そして納谷幸男が同席し、それぞれ今回の抱負を述べました。

岩崎選手
「このような機会を作っていただきありがとうございます。初参戦のリアルジャパンプロレス、非常に興奮しております。原点回帰ということで、自分のプロレスを貫いて、このリアルジャパンプロレスに何かを残せるようにガッチリやりたいと思います」

スーパーデストロイヤー選手(通訳を介し)
「どうなるかは分かりませんが、どういう相手が出てきても準備は出来ていますので頑張ります」

KAZMA SAKAMOTO選手
かたっ苦しくならないで自分らしいプロレスが出来たらと思っています。対戦相手には河野さん、パートナーには崔さんがいて、昔の匂いがして楽しみです。納谷幸男選手は凄くデカい選手。ちゃんと自分らしいプロレスを教えていきたいと思います。宜しくお願いします」

納谷幸男
「SAKAMOTO選手、崔選手、河野選手も大先輩で、このカードの中で自分が試合できるということは、どれだけありがたいことか。自分がどうやったら戦えるかということをしっかり考えて全力でぶつかっていきたいと思います」

これらの発言を受け、佐山総監は
「幸男は世界に羽ばたかなきゃいけない。インターナショナルで上に上がって
いける試合ができるかどうか。この三人はキャリアは十分。よくこういう試合を
組んでくれたと思います。試練です。今から試合に向かっての練習もかなり
変わってくると思いますので、相当な試練を積まなきゃいけない。

幸男の父親(元貴闘力)に頼まれてるので。『息子を殺してくれ』と。それくらいの
試練を与えて行かなくちゃいけないと思っています」

と、納谷の成長に期待をかけました。

―――――――――――――――――――――――――
【7月3日(火)】新間寿プロデュース
初代タイガーマスク佐山サトル認定『原点回帰』プロレス
~世界マスクマン・トーナメント開幕戦~対戦カード
―――――――――――――――――――――――――
<タッグマッチ 30分1本勝負>
河野真幸(WRESTLE-1)&“大鵬三世”納谷幸男(リアルジャパンプロレス)
vs.
崔領二(プロレスリング LAND’S END)&KAZMA SAKAMOTO(フリー)

<6人タッグマッチ 45分3本勝負>
佐藤光留(パンクラスMISSION)&岩崎孝樹(DNA)&ブラソ・デ・オロ・ジュニア(メキシコ)
vs.
バイキン・キッド(メキシコ)&レイ・アンヘル(メキシコ)&マスカラ・ディアブロ(メキシコ)

<シングルマッチ 20分1本勝負>
間下隼人(リアルジャパン)
vs.
松本崇寿(リバーサルジム立川 ALPHA)

<世界マスクマン・トーナメント開幕戦A 30分1本勝負>
スーパー・タイガー(第13代レジェンド王者/リアルジャパンプロレス)
vs.
ドス・カラスJr.(メキシコ)

<世界マスクマン・トーナメント開幕戦B 30分1本勝負>
イホ・デ・ブラックタイガー(UWA)
vs.
トスカーノ(メキシコ)

<世界マスクマン・トーナメント開幕戦C 30分1本勝負>
ドン・クロコダイル(オーストラリア)
vs.
スーパー・デストロイヤー(国籍不明)

<世界マスクマン・トーナメント開幕戦D 30分1本勝負>
ブラック・タイガー・ジュニア
vs.
スーパー・デストロイヤー(国籍不明)

※準決勝・決勝は9・20後楽園ホールにて行われる。

9・20予定試合
<世界マスクマン・トーナメント 準決勝>
Aの勝者
vs.
Bの勝者

Cの勝者
vs.
Dの勝者

<世界マスクマン・トーナメント 決勝>
―――――――――――――――――――――――――

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事